ジャン・ポール・「エヴァン」


日本にも伊勢丹新宿、表参道
ヒルズなどに店舗がある
フランスの高級チョコレート店は
ジャン・ポール・◯◯◯◯?
モヴィン
バロゾフ
エナァス
エヴァン(答)
40%

ジャン=ポール・エヴァンがパティシエとしてキャリアをスタートしたのは、1975年のホテル インターコンチネンタルでした。そして、1976年から1988年までホテル・ニッコー・ド・パリにおいて、ジョエル・ロブション氏の下で修行を重ねましたが、それはクリエイティヴで発見の多い数年間でした。

幸運にもジャン=ポール・エヴァンは、日本に上陸してまだ数年しか経っていないフランスの有名なパティスリー「ペルティエ」に招かれ、1年半ほど東京でシェフ パティシエを務めました。この恵まれた機会があったからこそ、しいては日本に最初のビジネス拠点を確立するチャンスとなり、日本はエヴァンにとって重要な拠点となり、また同時にお気に入りの国となりました。

センスあふれる審美眼を持ち、一流のパティシエでもあるエヴァンは、天性の研ぎ澄まされた味覚とゆるぎない感性に恵まれました。最高の食材、最高のワイン、最高のシガーなど本能的に察知して選んでいますが、彼の天職でもあるショコラの素材についても同様に、最高の素材を選び抜いています。1986年にフランスでMOF(フランス国家最優秀職人章)を受章して以来、研究熱心で職人肌のエヴァンは、すべての時間をライフワークであるショコラづくりの試作と構想に費やし続けてきました。こうして、エヴァンのブティックで並べられているショコラは、宝石のように繊細で格別なものに出来上がったのです。
引用元:ジャン=ポール・エヴァンについて|チョコレート(ショコラ) ジャン=ポール・エヴァン JEAN-PAUL HÉVIN JAPON http://www.jph-japon.co.jp/main/artist/index.html

ショコラティエ(仏: Chocolatier)はチョコレートから様々なデザートや菓子を作る、チョコレート専門の菓子職人。なおカカオ豆などからチョコレートを作る職人ではない。手作りチョコレートを扱う店舗やチョコレート菓子を製造する会社を指すこともある。女性形はショコラティエール(chocolatière)となる。

一般に、プロのショコラティエには、チョコレートの歴史や風味と質感の相性、チョコレートを軟らかくしたり、型に入れて固めたり、チョコレートで装飾したりといったチョコレートの加工技術、チョコレートに含まれるガナッシュやシュガーシロップ、フォンダンなどの割合に関する知識が求められる。

フランス
フランスでは以下の国家資格である[1]。

資格レベルIII – Brevet de Maitrise(BM) Pâtissier-confiseur-glacier-traiteur
資格レベルIV – 商業技術免状(BTM) Chocolatier confiseur
資格レベルV – 職業適性証(CAP) Chocolatier confiseur
また、優れたショコラティエに国家最優秀職人章(M.O.F., フランス国家最優秀職人章、Meilleur Ouvrier de France)が授与されることがある。
引用元:ショコラティエ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A8

Jean-Paul Hévin (born 10 December 1957 in Méral, Mayenne, France) is a French manufacturer of high-end chocolate, who operates 4 stores in Paris, 11 in Japan and 1 in Hong Kong, headquartered in Paris.[1]

Career
In 1974 Hevin earned a vocational certificate as a confectioner/chocolatier and ice cream maker. The next year he began working as an apprentice confectioner at the Intercontinental Hotel. In 1976 Hevin moved to the Nikko hotel as an apprentice confectioner, then as pastry chef until 1988. That year Hévin opened his first shop (“Le Petit Boulé”) on Avenue de la Motte-Picquet, Paris. He opened another shop in Rue Vavin in 1990 and a tea house in Rue Saint Honoré in 1997.

In 2002, he moved into the Japanese market by opening two chocolate-themed bars. He had previously worked in Japan as head of the Peltier laboratory in Tokyo.[when?] Over the years Hévin gradually opened more stores in Paris and Japan along with releasing confectionery products including cheese-flavored chocolate appetizers and chocolate energy bars.

In March 2008, he opened two shops in Hong Kong.[2]
引用元:Jean-Paul Hévin – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Jean-Paul_H%C3%A9vin