長岡弘樹『教場』


警察学校を舞台とする小説
『教場』で、2013年の「週刊
文春」ミステリーベスト10・
国内1位に選ばれた作家は?
長井哲也
誉田弘行
雫川脩介
長岡弘樹(答)
24%


犯人に告ぐ』『検察側の
罪人』『虚貌』などの
警察小説で知られる作家は?
雫井脩介(答)

スロット
『姫川玲子』シリーズ、
『ジウ』シリーズなどの
警察小説で知られる作家は?
誉田哲也(答)

スロット
個性豊かな刑事たちが活躍する
警察小説『大阪府警捜査一課』
シリーズで知られる作家は?
黒川博行(答)

長岡 弘樹(ながおか ひろき、1969年 – )は、日本の小説家、推理作家。山形県山形市出身[1]、在住[1][2]。筑波大学第一学群社会学類卒業[1][3]。

経歴[編集]
団体職員を経て、2003年「真夏の車輪」で第25回小説推理新人賞を受賞[1][3]。2005年『陽だまりの偽り』で単行本デビューする。2011年に発売された『傍聞き』の双葉文庫版が、本の雑誌社が刊行する『おすすめ文庫王国2012』の国内ミステリー部門で第1位に選ばれると、ロングセラーとなり39万部を超えるヒットとなる[4]。2013年に刊行した『教場』は警察学校を舞台にした新しいタイプの警察小説で[5]、「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、「このミステリーがすごい!」で第2位、第11回本屋大賞で6位に選ばれた。
引用元:長岡弘樹 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%B2%A1%E5%BC%98%E6%A8%B9

小学館文庫
教場

著/長岡弘樹 

〈 書籍の内容 〉
君には、警察学校をやめてもらう。
 この教官に睨まれたら、終わりだ。全部見抜かれる。誰も逃げられない。
 警察学校初任科第九十八期短期課程の生徒たちは、「落ち度があれば退校」という極限状態の中、異色の教官・風間公親に導かれ、覚醒してゆく。
 必要な人材を育てる前に、不要な人材をはじきだすための篩、それが警察学校だ。
週刊文春「2013年ミステリーベスト10」国内部門第1位、
宝島社「このミステリーがすごい! 2014年版」国内編第2位、
2014年本屋大賞第6位に輝き、
80以上のメディアに取り上げられた既視感ゼロの警察小説!
累計30万部突破!
オビコメントは、横山秀夫さん。
引用元:教場 | 小学館 https://www.shogakukan.co.jp/books/09406240