バーマン


ネコの品種
ゴールデンミストの毛
白いシンの伝説
「ビルマの聖なる猫」
トンキニーズ
バーマン(答)
メインクーン
コラット
47%


ネコの品種
大型で長毛種
原産国はアメリカ
「ぬいぐるみ」という意味
トンキニーズ(答)

連想
人気のネコの品種
カンガルー立ちをする
愛称は「ネコのスポーツカー」
非常に短い脚が特徴
マンチカン(答)

連想
ネコの品種
原産国はタイ
異称は「シ・サワット」
シルバーブルーの体色
コラット(答)

バーマン(Birman)は、ミャンマー周辺原産と考えられているネコの一種である。

概要[編集]
バーマンの背中にはゴールデンミストと呼ばれる金色がかった淡いクリーム色の毛が生えており、脚、尻尾、顔、耳には深いこげ茶色や淡いグレー等を基調とする毛が生えているポイントカラーの猫である。体型は胴体が長くガッチリ型で、胴体とバランスのとれた四肢と尾、特徴的な頭部にはローマ人のような鼻と青く真ん丸な目を持っている。バーマンは他の多くの種類のネコとは異なり前足にグローブと呼ばれる純白の手、後足にレースと呼ばれる純白の足を持っている。体毛はシルキーなシングルコートで、ダブルコートのペルシャネコなどよりも短く、毛玉も出来にくい。
引用元:バーマン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3

バーマンという猫の風貌はどこか神秘的です。
それも、そのはず、バーマンの血統をたどれば、
その昔ビルマの寺院に飼われていた猫に行き着くといわれています。
その伝説では、高僧であったムンハーという僧侶が亡くなる間際、
その寺院に住んでいたシンという白いネコが、
息絶えようとするムンハーの上に飛び乗ったというのです。
そして、高僧ムンハーが息を引き取った瞬間、
白猫シンの体は四つ足の先を残して、後の毛は金色へと変化し、
さらには目の色はブルーになったといいます。
これがバーマンの先祖だそうです。
引用元:バーマンという猫の歴史 | 猫辞典 http://www.encyclopedia-cat.com/types-cat/berman-history/