小山田浩子『穴』


2010年に小説『工場』で
新潮新人賞を、2014年1月に
小説『穴』で第150回芥川賞を
受賞した女性作家は?
内之小山美
子浩田智香
小山田浩子(答)
19%

小山田 浩子(おやまだ ひろこ、1983年11月2日 – )は、日本の小説家。広島県広島市佐伯区生まれ。広島大学文学部日本文学語学講座卒業。広島市在住。広島東洋カープのファンとしても知られる[1]。英国文芸誌『GRANTA』に短編が掲載されたり、オーストリアで開かれた文学イベント「Literature in autumn:Echoes from Japan」に青山七恵、辻仁成、ドリアン助川、中村文則、柳美里らと共に招待されるなど海外でも高く評価されている[2]
引用元:小山田浩子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%B1%B1%E7%94%B0%E6%B5%A9%E5%AD%90


小山田浩子/著

仕事を辞め、夫の田舎に移り住んだ私は、暑い夏の日、見たこともない黒い獣を追って、土手にあいた胸の深さの穴に落ちた。甘いお香の匂いが漂う世羅さん、庭の水撒きに励む寡黙な義祖父に、義兄を名乗る知らない男。出会う人々もどこか奇妙で、見慣れた日常は静かに異界の色を帯びる。芥川賞受賞の表題作に、農村の古民家で新生活を始めた友人夫婦との不思議な時を描く二編を収録。
引用元:小山田浩子 『穴』 | 新潮社 http://www.shinchosha.co.jp/book/120541/

工場
小山田浩子/著

不可思議な工場での日々を三人の従業員の視点から語る新潮新人賞受賞作のほか、熱帯魚飼育に没頭する大金持ちの息子とその若い妻を描く「ディスカス忌」、心身の失調の末に様々な虫を幻視する女性会社員の物語「いこぼれのむし」を収録。働くこと、生きることの不安と不条理を、とてつもなく奇妙で自由な想像力で乗り越える三つの物語。
引用元:小山田浩子 『工場』 | 新潮社 http://www.shinchosha.co.jp/book/333641/