【岩手県】ひっつみ【愛知県】じょじょ切り


次の郷土料理を
都道府県ごとに
グループ分けしなさい
65%

岩手県愛知県新潟県 
へぎそば
きしめん
ひっつみ
じょじょ切り

へぎそばとは、新潟県魚沼地方発祥の、つなぎに布海苔(ふのり)という海藻を使った蕎麦をヘギといわれる器に盛り付けた切り蕎麦。「へぎそば」は、小千谷市の業界団体によって商標登録されている[1]。

概要[編集]
「へぎ(片木)」と呼ばれる、剥ぎ板で作った四角い器に載せて供されることからこの名が付いた。冷やしたそば3~4人前を、一口程度に小分けし、丸めて盛りつける様子から「手振りそば」とも呼ぶ。器の「へぎ」は、「剥ぎ」を語源とする。

魚沼地方では、蕎麦の薬味になるワサビが採れなかった為、刻みネギとからしを添えるのが特徴だった。ワサビが広く流通するようになると、へぎ蕎麦にもワサビが使われるようになり、十日町市や小千谷市のそば店では、店舗によって薬味を「からしのみ」、「わさびのみ」、「両方から選択可能」とする違いが見られる。
引用元:へぎそば – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B8%E3%81%8E%E3%81%9D%E3%81%B0

きしめんとは、幅が広く薄い日本の麺、ならびにその麺を使用した料理を指す。一般的なうどんとは形が異なり、平たい形状のうどんである。愛知県では「きしめん普及委員会」が発足するなど、愛知県の名物となっている。後述の基準を満たすものは、特に「名古屋きしめん」と表示することが許されている。
引用元:きしめん – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8D%E3%81%97%E3%82%81%E3%82%93

ひっつみ、とってなげ(旧盛岡藩領の岩手県北地域)、つめり(旧仙台藩領の旧江刺郡地域等)は、小麦粉を用いた汁物の郷土料理。水団の一種。岩手県の北上盆地を中心とした地域で食べられている。

小麦粉を練って固めたものをひっつまんで(平たい団子状にしたものを)汁に投げ入れて作られ、製法がそのまま名称に繋がっている。食感的にはすいとんより、餃子の皮、あるいはワンタンに似ている。その他の具は、各家庭・料理屋で相違があり、決まったものはない。
引用元:ひっつみ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B2%E3%81%A3%E3%81%A4%E3%81%BF

今回紹介する郷土料理は「じょじょ切り」。「じょじょ」とは、もともと「どうじょう」を意味し、小麦粉を練って作った細長いうどんの形が、どじょうと似ているところから「じょじょ切り」と呼ばれたとか。また、別名「伊良湖汁粉」とも呼ばれ、渥美地方で古くから、農業の合間におやつとして食べた料理として知られています。味はお汁粉ですが、お餅のかわりに、うどんを入れるだけで、新鮮な感覚が味わえます。とても簡単なので、ぜひチャレンジして下さいね。
引用元:じょじょ切り(愛知県) | いい味、旅気分 | 知る・楽しむ | 象印 https://www.zojirushi.co.jp/usual/local/13.html