アマウロートゥム


次の文字列を順に選んで
トマス・モアの小説に出てくる国
「ユートピア」の首都の名前に
しなさい
アマ
ウロ
ート
ゥム
62%

連想
『華氏451度』
『未来世紀ブラジル』
『時計じかけのオレンジ』
『イキガミ』
ディストピア(答)


本が禁じられた世界を描いた
レイ・ブラッドベリのSF小説
で、紙が燃え始める温度に由来
するのは『華氏◯◯◯度』?
561
443
370
451(答)

連想
『ジョン・キャンディの大進撃』
デビュー作は『ロジャー&ミー』
『シッコ』
『華氏911』でカンヌ映画祭GP
マイケル・ムーア(答)


1気圧における水の沸点は
摂氏温度で100度ですが
華氏温度では◯◯◯度?
◯を答えなさい
212(答)


ディストピア小説『われら』
で知られるロシアの作家
ザミャーチン(答)

ユートピア(英: utopia, 英語発音: [juːˈtoʊpiə] ユートウピア)は、イギリスの思想家トマス・モアが1516年にラテン語で出版した著作『ユートピア』に登場する架空の国家の名前。「理想郷」(和製漢語)、「無何有郷」(無何有之郷とも、『荘子』逍遙遊篇より)とも。現実には決して存在しない理想的な社会として描かれ、その意図は現実の社会と対峙させることによって、現実への批判をおこなうことであった。

ギリシア語の οὐ (ou, 無い), τόπος (topos, 場所) を組み合わせ「どこにも無い場所」を意図とした地名と説明されることが多いが、記述の中では Eutopia としている部分もあることから、eu- (良い)と言う接頭語もかけて「素晴らしく良い場所であるがどこにもない場所」を意味するものであったとみられている。

ただし、「ユートピア」という言葉を用いるときには時に注意が必要である。現代人が素朴に「理想郷」としてイメージするユートピアとは違い、トマス・モアらによる「ユートピア」には非人間的な管理社会の色彩が強く、決して自由主義的・牧歌的な理想郷(アルカディア)ではないためである(第3節、第4節参照)[1]。

なお、反対語はディストピア。
引用元:ユートピア – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%94%E3%82%A2

トマス・モアは、ギリシャ語で「無の場所」を示すウ・トポスと「良い場所」を示すエウ・トポスを掛け合わせ、「ユートピア」という言葉を生み出した。それと同時に、モアがユートピアの観念的な意味での創造者となったことも意味している。モアは、ユートピア国に多くのギリシャ語やラテン語をもじった地名・人名・役職名をつけていた。
ユートピア国の首都アマウロートゥムは、「うす暗い、おぼろな」を意味するギリシャ語に由来する造語である。そこを流れるアーニュドルス河は「水が無い」という意味をあらわしている。
引用元:理想郷としてのユートピア – ハッピーキャンパスニュース http://blog.goo.ne.jp/oldnoize/e/9e9704718fa36f7f5b649271c3aaebdb