ふかやただき深谷忠記


「壮&美緒」シリーズで知られる
東大理学部出身の推理作家です
深谷忠記
ふかやただき(答)
36%

深谷 忠記(ふかや ただき、1943年12月17日[1] – )は日本の小説家、推理作家。東京都生まれの千葉県育ち。東京大学理学部卒。

シリーズ作品[編集]
壮&美緒シリーズ[編集]
東京・水道橋にある慶明大学(けいめいだいがく)で助手(のちに講師に昇格)をしている数学者の黒江壮と、 神田にある中堅出版社・清新社(せいしんしゃ)の文芸書籍編集部員の笹谷美緒のコンビが、難事件を解決するトラベルミステリーシリーズ。
引用元:深谷忠記 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%B1%E8%B0%B7%E5%BF%A0%E8%A8%98

信州・奥多摩殺人ライン
深谷忠記

光文社

756円(税込)

内容紹介
推理作家の荒木とともに向かった信州・穂高の別荘で、編集者の笹谷美緒は、荒木の妻の絞殺死体を発見する。数日後、奥多摩で若い女性の全裸死体が。2人の女性と関わりのある男が容疑者として浮かぶが……。美緒の恋人・黒江壮は、慶明大学に勤める数学者。端整な顔立ちで、とても無口な「名探偵」である。寡黙にして、精緻な推理で、壮が導き出した真相とは!?
引用元:【電子文庫パブリ】信州・奥多摩殺人ライン/深谷忠記(光文社)- 電子書籍 https://www.paburi.com/paburi/bin/product.asp?pfid=20003%2D121417648%2D001%2D001