WWDウーマンウェアデイリー


「ホットパンツ」の名前の
由来とされる記事が掲載された
アメリカのファッション誌の
名前は?
「WWB」
「WWC」
「WWD」(答)
「WWE」
49%

ホットパンツとは、0 – 1分丈前後の短いズボンのこと。ショートパンツより短い丈に分類される[要出典]。

歴史[編集]
スウィンギング・ロンドンという若者文化がイギリスを中心に1960年代に発生する。反骨的でかつそれまでの社会を覆すような革命的な動き、あるいは若者がより自由を象徴とし、より新しいモダニズムを主張した。これらの激しい流れに触発された同国のファッションデザイナーであるマリー・クワントが非常に丈の短いズボン(後のホットパンツ)を発表。この丈の短いズボンはスウィンギング・ロンドンの若者達に受け入れられ、1972年頃まで世界的な流行を博した。

ファッション界に「ホットパンツ」という名称が登場したのは1971年春夏のパリ・コレクションである。非常に短い丈の当時としては斬新なズボンを見聞して伝えたアメリカのファッション業界専門紙「ウーマンウェアデイリー(WWD)」が、記事の中でが新しいショートパンツとしてホットパンツを名づけた。このホットとは「熱い、最新の」の意味とも「男性の視線が熱かった(ホットだった)」と揶揄して報じられたとも言われており、その真意までは定かではないがホットパンツの語源はこの2つのどちらかと言われている[1]。
引用元:ホットパンツ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%84

国内・海外の最新ファッション&ビューティ・トレンドをはじめ、業界ニュースをいち早くお届け。最新コレクションやスナップ、キャリア情報まで、全てを網羅!
引用元:最新ファッション&ビューティ情報│WWD JAPAN https://www.wwdjapan.com/