アレパ、ポン・デ・ケージョ、クニャペ


次のパンの種類のうち
南アメリカで生まれたものを
全て選びなさい
プーリー
アレパ(答)
ポン・デ・ケージョ(答)
クニャペ(答)
インジェラ
エキメッキ
42%

アレパ(西:arepa)とは、すり潰したトウモロコシから作る、コロンビアやベネズエラの伝統的な薄焼きパンである。直径や厚み、調理法は地域によって異なる。
柔らかくなるまで茹でた乾燥トウモロコシを挽いて作った生地を薄い円形に伸ばし、両面を焼くか油で揚げて作る。中にチーズ、鶏卵、肉などを詰めることもあり、砂糖とアニスを加えた甘いアレパもある。水を加えるだけで生地ができるアレパ用のコーンミールも製造されている。アレパは主に朝食や間食として食べられる。
引用元:アレパ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%91

ポン・デ・ケイジョ (ポルトガル語発音: [ˈpɐ̃w dʒi ‘kejʒʊ], 葡: Pão de queijo, romaji: pawn dji keyju) は、ブラジルのミナス・ジェライス州で生み出されたパンの1種。名前はポルトガル語で「チーズパン」の意であり、日本では訳そのままにチーズパンとも呼ばれている。なお、ブラジルポルトガル語の発音に近いカタカナ表記は「パン・ジ・ケイジョ」。
引用元:ポン・デ・ケイジョ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%83%A7

クニャペ(Cuñapé、クニャッペとも)は、ボリビアで食されるパンの一種。ユカ芋の粉とチーズを混ぜたものを焼いて作られる、小さな握りこぶし大の丸いパンで、モチモチした歯ごたえがある。そのままを食べるほか、様々なおかずとあわせて食べることも多い。多くはユカ粉を用いるが、まれにトウモロコシ粉で作られることもある。

ボリビアでは高地であるアンデス地域よりも、サンタ・クルス・デ・ラ・シエラなどの低地で食されることが多い。同様のパンはアルゼンチンやパラグアイではチパ (chipa)と呼ばれ、ドーナツ状に焼かれることもある。また、ブラジルのポン・デ・ケイジョもクニャペとよく似ている。
引用元:クニャペ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%83%A3%E3%83%9A

プーリー(पूरी)は、チャパティと同じ全粒粉の生地を薄い円形にのばし、油で揚げたもの(揚げパン)。揚げ油の温度を低めに保ち、生地がよく膨らむまで油の中に沈めて揚げる。揚げたては風船のように大きく膨らんでいる。
おかずと一緒にそのまま食べる他、小型のプーリーをパーニープーリーのベースに用いる。
引用元:プーリー (食品) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC_(%E9%A3%9F%E5%93%81)

インジェラ(アムハラ語:እንጀራ)は、エチオピアで主食として食べられている食品である[1]。起源は古く、史料の中には紀元前100年にはすでにインジェラが存在していたと記すものもある[2]。本来はエチオピア北部の高原地帯の食べ物であり、19世紀末のエチオピア帝国の拡大に伴ってエチオピアの南部地域にも広まっていった[3]。
イネ科の植物であるテフの粉を水で溶いて3日かけて発酵させ、巨大な鉄板で薄いクレープ状に片面だけ焼き上げてインジェラは作られる[4]。発酵した生地にできる黄色い上澄みは「イルショ」と呼ばれ、一部は次にインジェラを作るときに再利用される[2]。トウモロコシ、ソルガムからもインジェラを作ることができるが、テフで作ったものの柔らかな手触りと独特の食感が特に好まれている[3]。エチオピアの一般の家庭では、テフにトウモロコシと大麦の粉を混流したものが使われる[4]。
引用元:インジェラ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%A9

エキメキ(Ekmek)は、トルコでのパンの総称である。リーン系で、気泡の多いふかふかのクラム、パリパリのパン皮で、クミンやゴマが入ることもある、というのが伝統的なタイプだが、形や大きさは様々である。他にも、堅焼きの「シミット」やピザ状の「ピデ」など種類も多彩である。

エキメキはジャムやオリーブオイルを塗って食べることも多いが、軽食としてディップやケバブを挟んで食べることも多い。イスタンブールのガラタ橋付近では、エキメキに焼いたサバとオニオンなどの野菜を挟んで、塩とレモン汁をかけた「バルク・エキメキ」が名物であり、市民や観光客に親しまれている。
引用元:エキメキ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%AD%E3%83%A1%E3%82%AD