縁故米


農家が親戚などに食用と
して譲渡する米のことを
「◯◯米」という?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
えんこ(答)
36%
縁故米

まず米穀安定供給確保支援機構(米穀機構)が毎月公表しているデータ(下図)を見ていただきたい。平成27年11月、家族・知人などからコメを無償で入手した消費者の割合は25.4%。スーパーからの購入(46.1%)に次ぐ第2位。米穀専門店は2・7%に過ぎず、インターネットショップ(7%)や生産者から直接購入(6.1%)をはるかに凌駕している。さらに前月の10月期では27.2%、3割に近い人々がタダでコメを手にしている。
通年での入手経路を見ると、26年度の19.5%から23年度の23.5%と約2割。でも、小さな農家が親戚縁者にコメを送る場合、5kgや10kgという商品パックサイズというより、30kg・60kgといったコメ出荷レベルのサイズで送るのではないか。しかも、僕の身の回りで見聞きする例から想像すれば、玄米で送るケースも少なくないだろう(調査項目は精米)。この玄米を加算すれば、通年でも3割近い比率になるのではないか。
引用元:縁故米無償譲渡の実態をどう見るか https://agri-biz.jp/item/detail/4243

縁故米という言葉を辞書で調べると『親戚や友人の農家から無料で、あるいは廉価で融通してもらう米。無料の場合は贈答米ともいう。三省堂「大辞林 第二版」より』となっていますが、自分としては、縁故米とは無料でもらうお米だけであって、廉価で融通してもらうお米については、価格に関係なくお金が動くので産地直売:産直(産地直送。産地直売。産地直結の略。三省堂「大辞林 第二版」より)に該当すると思っていますので、無料でもらうお米を縁故米、廉価でもお金が動くものについては産直と位置づけて話していきたいと思います。
引用元:自分の首を絞める縁故米-スズノブ(五ツ星お米マイスター「西島豊造」のこだわり米専門店) http://www.suzunobu.com/chishiki/enkomai.html

せいふ‐まい【政府米】

政府が生産者から買い入れ、管理する米。食糧管理制度下では、原則としてすべての米が政府米と位置づけられていたが、現行の食糧制度では、備蓄のための米など一定範囲内に制限されている。→民間流通米 →ミニマムアクセス米