『第61魔法分隊』


技術の発達により魔法が廃れつつ
ある国家を複数の主人公を中心に
描かれる伊都工平のライトノベル
は『第◯◯魔法分隊』?
6S
S7
91
61(答)
28%
『第61魔法分隊』

第61魔法分隊(だい-まほうぶんたい)は、伊都工平のライトノベル。メディアワークス刊。挿絵は水上カオリ。

技術の発達により魔法不要論が出始めた魔法国家を舞台に第61魔法分隊の隊員達の活躍を描くヒロイックファンタジー、だったのは一巻のみ、それ以降どんどん変わっていく。 題名に「魔法」とつくが、大掛かりな魔法はほとんど出てこない。いわゆるファンタジー的な魔法ではなく、どちらかというとSF的解釈の為された、研究され、解明された「枯れた」技術として扱われている。 また、魔法分隊と聞くと軍隊を想像するかと思うが物語の開始時点では軍隊と分化しており、司法府という独自の機関の下に所属する地方司法府に属する警察の派出所的存在である。名前が分隊なのは旧魔法軍時代の組織図をそのまま持ってきたため。
引用元:第61魔法分隊 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC61%E9%AD%94%E6%B3%95%E5%88%86%E9%9A%8A

伊都工平(いと こうへい)は日本のライトノベル作家。

概要
第7回電撃ゲーム小説大賞2次選考通過をきっかけとして、第61魔法分隊で電撃文庫からデビューした。1975年11月兵庫県生まれ。同じライトノベル作家の有沢まみずによると「顔の良い人間」

魔法と科学の融合をテーマにした戦争作品を多く作っている。また描写が若干直接的であり、ファンタジーを取り扱うにしては厳しい表現方法、キャラクターのロジカルな思考方法が強い傾向にある。

主な作品
第61魔法分隊(全5巻・電撃文庫 水上カオリ/イラスト)
天槍の下のバシレイス(2巻・電撃文庫 瑚澄遊智/イラスト)
モノケロスの魔杖は穿つ(全4巻・MF文庫J 巳島(refeia)/イラスト)
さくらら!(1巻・MF文庫J ミヤスリサ/イラスト)
Xの魔王(1巻・MF文庫J 万国あゆや/イラスト)
引用元:伊都工平とは (イトコウヘイとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 http://dic.nicovideo.jp/a/%E4%BC%8A%E9%83%BD%E5%B7%A5%E5%B9%B3