神沢利子『いたずらラッコのロッコ』『くまの子ウーフ』


日本の児童文学作家
『いたずらラッコのロッコ』
『銀のほのおの国』
『くまの子ウーフ』
いぬいとみこ
神沢利子(答)
石井桃子
中川李枝子
51%


日本の児童文学作家
『やまのこどもたち』
『ことらちゃんの冒険』
『ノンちゃん雲に乗る』
石井桃子(答)

連想
日本の児童文学作家
『THE MANZAI』
『NO.6』
『バッテリー』
あさのあつこ(答)

連想
日本の児童文学作家
『いやいやえん』
『そらいろのたね』
『ぐりとぐら』
中川李枝子(答)

連想
日本の児童文学作家
『ながいながいペンギンの話』
『木かげの家の小人たち』
『北極のムーシカミーシカ』
いぬいとみこ(答)

神沢 利子(かんざわ としこ、本名・古河トシ[1] 1924年1月29日[1] – )は、日本の児童文学作家。

初期の代表作として『いたずらラッコのロッコ』『くまの子ウーフ』『銀のほのおの国』『そりになったブナの木』などがある。2006年、エッセイ集『同じうたをうたい続けて』を刊行、児童文学界の長老の一人である。
引用元:神沢利子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%B2%A2%E5%88%A9%E5%AD%90

石井 桃子(いしい ももこ、1907年3月10日 – 2008年4月2日)は、日本の児童文学作家・翻訳家。数々の欧米の児童文学の翻訳を手がける一方、絵本や児童文学作品の創作も行い、日本の児童文学普及に貢献した。日本芸術院会員。

代表作 著作
『ノンちゃん雲に乗る』(1951年)
『子どもの図書館』(1965年)
『幻の朱い実』(1994年)
翻訳
『熊のプーさん』(1950年)
『ピーターラビット』(1971年)
引用元:石井桃子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E4%BA%95%E6%A1%83%E5%AD%90

中川 李枝子(なかがわ りえこ、1935年9月29日 – )は、日本の児童文学作家、作詞家。夫は画家の中川宗弥。

代表作 『いやいやえん』(1962年)
『そらいろのたね』(1964年)
『ぐりとぐら』(1967年)
『子犬のロクがやってきた』(1979年)
引用元:中川李枝子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B7%9D%E6%9D%8E%E6%9E%9D%E5%AD%90