トリロバイト


2002年に東芝が発売した
日本初のロボット掃除機
トリロバイト(答)
40%

連想
約5億4400万~5億年前
三葉虫などの無脊椎動物が繁栄
生物種が爆発的に増加
古生代最初の紀
カンブリア紀(答)

連想
約5億~4億4000万年前
筆石類やオウムガイ類が繁栄
大量絶滅で三葉虫の種が半減
魚類が出現
オルドビス紀(答)

CIMG0483dmTSWoXOtyOP
次の太古の出来事を
地質年代ごとに
グループ分けしなさい

古生代中生代新生代
爬虫類が現れる
被子植物が現れる
種子植物が現れる
始祖鳥が現れる
大陸が現在の海岸線になる
森林が誕生する
昆虫が出現する
三葉虫が絶滅する

引用元:「オルドビス紀」約5億~4億4000万年前 筆石・オウムガイ 魚類の時代 http://seethefun.net/%E7%90%86%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/25143/

062xIrRfXQ
三葉虫をテーマにした
あさりよしとおの異色の漫画は
『◯◯三畳紀』?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
ほそうで(答)
『細腕三畳紀』
引用元:『細腕三畳紀』あさりよしとおの三葉虫漫画 『細うで繁盛記』花登筺(はなとこばこ)原作のドラマ http://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/26948/

東芝、国内で初めてロボットクリーナー「トリロバイト」を発売

10月1日

標準価格:オープンプライス

 株式会社東芝は、国内で初めて掃除用ロボット「ECL-TR1 トリロバイト」を10月1日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は29万円前後の見込み。

 超音波センサーにより家具やソファーなどの障害物を回避しながら、自動的に掃除を行なう掃除ロボット。本体サイズは35×13cm(直径×高さ)でほぼ円形。「トリロバイト(三葉虫)」の名前のとおり、三葉虫をアレンジしたような形状となっている。重量は約5kg。

 バッテリの充電レベルが低くなると、自動的に充電台まで戻って充電し、充電完了後には再び掃除を開始する機能も持つ。バッテリはニッケル水素バッテリで、運転時間は最大60分。一回の充電で最大40平方m(約24畳)の範囲を掃除可能。充電器の本体サイズは160×380×130mm(幅×奥行き×高さ)、重量は800g。
引用元:東芝、国内で初めてロボットクリーナー「トリロバイト」を発売 http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2002/0905/toshiba.htm

掃除ロボット(そうじロボット)あるいはロボット掃除機(ロボットそうじき)とは、自動的に動いて掃除をするロボットである。 ロボット・クリーナーや掃除用ロボットとも。[1]

世界での市販開始
世界初の市販の家庭用ロボット掃除機は、スウェーデンのエレクトロラックス社が2001年11月に欧州で発売した「トリロバイト」である。(なお、Trilobiteのプロトタイプ機(試作機)はBBCの番組en:Tomorrow’s Worldにて1997年に特集されていた[10]。)
2002年9月17日にはiRobot社がRoombaを米国で発売。同年同9月にドイツ企業ケルヒャーも「RC3000」を欧州で販売開始した。 Roombaのほうはその後シェアを伸ばし、2013年時点で全世界で累計800万台以上、日本でも60万台以上を販売したとされる[11]。

日本市場での歴史[編集]
(自律型ロボットではないが、参考情報として)1979年に任天堂が電池で駆動する本体をリモコンで操作する「チリトリー」を発売。ゲーム性を取り入れた掃除機というコンセプトであったが、ヒットすることなく終息した。
日本では東芝が、2002年10月から当時提携関係にあったエレクトロラックス社の「トリロバイト」のOEM販売を始めた。
iRobotのRoombaは2004年から日本市場に投入された[18][19]。
引用元:掃除用ロボット – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8E%83%E9%99%A4%E7%94%A8%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88