『1973年のピンボール』翻訳家『羊をめぐる冒険』広告代理店の経営者


次の村上春樹の小説と
主人公の職業の
正しい組み合わせを選びなさい
1973年のピンボール───翻訳家
羊をめぐる冒険───広告代理店の経営者
ノルウェイの森───大学生
国境の南、太陽の西───ジャズバーの経営者
28%

『ノルウェイの森』(ノルウェイのもり)は、村上春樹の5作目の長編小説。
2010年にトラン・アン・ユンの監督により映画化された。

登場人物[編集]
「僕」(ワタナベトオル)
主人公。神戸の高校を卒業後、東京の私立大学文学部に進学。大学1年-2年は寮で生活。卒業後は文筆業に従事している[注 2]。
引用元:ノルウェイの森 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%AB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%81%AE%E6%A3%AE

安西 水丸(あんざい みずまる、本名:渡辺 昇(わたなべ のぼる)、1942年7月22日 – 2014年3月19日)は、日本のイラストレーター、漫画家、エッセイスト、作家、絵本作家。

エピソード[編集]
村上春樹とは彼がジャズ喫茶の経営者時代からの付き合いで、親交が深い。共著として『象工場のハッピーエンド』、『村上朝日堂』、『ランゲルハンス島の午後』、『夜のくもざる』などがある。村上のホームページをCD-ROMにした『夢のサーフシティー』(1998年)と『スメルジャコフ対織田信長家臣団』(2001年)では、二人の対談を聴くことができる[5]。
村上春樹の小説にたびたび登場する「渡辺昇」あるいは「ワタナベノボル」は、安西水丸の本名が元となっている[6][7]。
引用元:安西水丸 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E8%A5%BF%E6%B0%B4%E4%B8%B8

『羊をめぐる冒険』(ひつじをめぐるぼうけん)は、村上春樹の3作目の長編小説。

あらすじ[編集]
1978年7月、大学時代に関係を持ったことのある女の子がトラックに轢かれて死んだ。妻と別れた直後のことだった。8月のはじめ、「僕」は耳専門の広告モデルの女の子と知り合い、彼女は「僕」の新しいガール・フレンドとなった。
9月後半の昼下がり、仕事を休んでベッドの中で彼女の髪をいじりながら鯨のペニスや妻のスリップについて考えていると、ガール・フレンドが言った。「あと十分ばかりで大事な電話がかかってくるわよ」
彼女ははっか煙草を吸って「羊のことよ」と言った。「そして冒険が始まるの」
「僕」が相棒と共同経営している広告代理店に、右翼の大物の秘書が現われた。秘書は相棒に担当者(僕)と直接会って話がしたいと言った。「僕」が右翼の大物の屋敷に行くと、会社で製作したPR誌のページを引きのばした写真を見せられる。写真には星形の斑紋のある羊が一匹まぎれこんでいた。それは「鼠」によって北海道から送られてきた写真だった。出所がどこか尋ねられるも「僕」は拒否する。
男は言った。「今日から二ヵ月以内に君が羊を探し出せれば、我々は君が欲しいだけの報酬を出す。もし探し出せなければ、君の会社も君もおしまいだ」
「僕」は会社を辞め、ガール・フレンドと共に北海道へ渡った。
引用元:羊をめぐる冒険 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%8A%E3%82%92%E3%82%81%E3%81%90%E3%82%8B%E5%86%92%E9%99%BA

『1973年のピンボール』 (せんきゅうひゃくななじゅうさんねんのピンボール) は、村上春樹の2作目の長編小説。

あらすじ[編集]
「僕」の物語[編集]
1973年、大学を卒業し翻訳で生計を立てていた「僕」は、ふとしたことから双子の女の子と共同生活を始めることになる。そんなある日、「僕」の心をピンボールが捉える。1970年のジェイズ・バーで「鼠」が好んでプレイし、その後「僕」も夢中になったスリーフリッパーのピンボール台「スペースシップ」を捜し始める。
「鼠」の物語[編集]
鼠は1970年に大学を辞めて以来、故郷の街のジェイズ・バーに通ってバーテンのジェイを相手に現実感のない日々を送っていた。1973年9月のはじめ、新聞の不要物売買コーナーで電動タイプライターを見つける。タイプライターの持ち主の女と鼠は関係を持つ。
引用元:1973年のピンボール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/1973%E5%B9%B4%E3%81%AE%E3%83%94%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB