1995「無党派」2003「毒まんじゅう」


次の新語・流行語大賞の
年間大賞を受賞した言葉を
年度ごとに
グループ分けしなさい
65%

1995年2003年2008年
無党派
なんでだろ~
アラフォー
がんばろうKOBE
毒まんじゅう

015gPRdjRXMZD
1989年の「新語・流行語大賞」
新語部門の金賞
「セクシュアル・ハラスメント」
受賞者となった女性弁護士
下田敦子
北村敏子
長岡玲子
河本和子(答)
引用元:「河本和子」1989「新語・流行語大賞」の受賞者 「セクシュアル・ハラスメント」 http://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/11239/

1995 大賞
無党派
受賞者:青島幸男(東京都知事)

東京・大阪の知事選挙で、組織力、財力、権力の圧倒的基盤を持つ政党推薦候補を、無所属の青島、横山ノックが破り、メディアはこれを「無党派」パワーと呼んだ。数合わせだけの政党連合を拒む、新しい有権者層の出現に、既存の政党は大慌て。

第12回〔1995(平成7)年〕

1995 大賞
無党派
受賞者:青島幸男(東京都知事)

東京・大阪の知事選挙で、組織力、財力、権力の圧倒的基盤を持つ政党推薦候補を、無所属の青島、横山ノックが破り、メディアはこれを「無党派」パワーと呼んだ。数合わせだけの政党連合を拒む、新しい有権者層の出現に、既存の政党は大慌て。

1995 大賞
NOMO
受賞者:野茂英雄(LAドジャース)

日本野球を飛び出し、米大リーグ・LAドジャースに入団、チームを地区優勝に導き、自身は新人王を取る大活躍をした野茂英雄を、米世論は温かく見守った。野茂の演じる奪三振ショーに熱狂し、「NOMO」の大声援を贈った。NOMOは、観客増員、キャラクターグッズ売上増など、メジャーリーグ人気の回復に多大な貢献をした。また日本でも、メジャーの野球を日本の茶の間に一挙に持ち込んだ。

1995 大賞
「がんばろうKOBE」
受賞者:仰木彬(オリックス監督)

1995年1月、神戸・淡路大震災が発生した。復興に起ち上がる市民を力付けたのが、このスローガン。地元球団オリックスは、スローガンをユニホームに縫い付け、リーグ優勝を勝ち取った。神戸市民への励まし効果は絶大と、評価は高かった。
引用元:新語・流行語大賞 http://singo.jiyu.co.jp/old/index.html

2003 年間大賞
毒まんじゅう
受賞者:野中広務(元衆議院議員)

2003(平成15)年9月の自民党総裁選で、政界引退を決意した野中広務元幹事長が、小泉首相支持に回った一部の政治家を非難する際に使った言葉。具体的には小泉再選後に密約されたポストをさし、自己の功利にはしる政治家の実態にこの一言で警鐘をならした。

2003 年間大賞
なんでだろう~
受賞者:テツ and トモ(タレント)

ジャージ姿に身を包み、開いた手を顔の周りで振り回しながら歌うテツandトモの当たりギャグ。あらゆることが解説されるTVのなかで、日常生活の細かさに潜む矛盾をついたコントはオーソドックスともいえるが、ハイスピードな踊りがもたらす開放感は独自のもの。テレビアニメ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」のエンディングテーマ「なんでだろう~こち亀バージョン~」で子どもたちにも大ウケ、幅広い世代に浸透した。

2003 年間大賞
マニフェスト
受賞者:北川正恭(早稲田大学教授)

通常は「政権公約」と訳される。期限、財源、数値目標、プロセスなどが明らかにされた具体的な公約のこと。“はっきり示す”というラテン語にその語源がある。イギリスの総選挙で行われており、書店などでマニフェストが売られている。日本でも、2003(平成15)年の春の統一地方選で多くの候補者が有権者にマニフェストを提示し、同年秋の衆院選でも各党が冊子を作成して「マニフェスト選挙」などともいわれた。長年マニフェストの必要性を提唱してきた受賞者の北川教授は、授賞式で「流行で終わっては困る」と話した。
引用元:新語・流行語大賞 http://singo.jiyu.co.jp/old/index.html

2008 年間大賞
◆アラフォー
受賞者:天海祐希(女優)
天海祐希さん

天海祐希主演の金ドラ『Around40』から広まったことばで、40歳前後のこと。特に女性を指す。CD業界など、アラフォー世代に的を絞ったさまざまな商品がヒットしているのもまさに今の時代を反映している。

2008 年間大賞
◆グ~!
受賞者:エド・はるみ(タレント)
エド・はるみさん

女優、コンピューターインストラクター、マナー講師など異色の経歴をもつ新人お笑い芸人エド・はるみによるギャグ。フォーマルな出で立ちで両手の親指を突き立て、突然「○○グ~!」と声を上げる。
引用元:新語・流行語大賞 http://singo.jiyu.co.jp/old/index.html