『幸福な遊戯』3人の共同生活


海燕新人文学賞を受賞
男女3人の共同生活
主人公は女子大生サトコ
角田光代のデビュー作
『幸福な遊戯』(答)
『空中庭園』
『八日目の蝉』
『対岸の彼女』
45%


角田光代の小説
中央公論文芸賞を受賞
不倫相手の赤ちゃんを誘拐
2011年に井上真央主演で映画化
『八日目の蝉』(答)

連想 
角田光代の小説
働きに出る主婦の小夜子
独身で会社社長の葵
直木賞受賞作
『対岸の彼女』(答)

角田 光代(かくた みつよ、1967年3月8日 – )は、日本の作家、小説家、翻訳家。

来歴・人物[ソースを編集]
神奈川県横浜市出身[2]。捜真小学校[2][3]から捜真女学校中学部・高等学部を経て[4]早稲田大学第一文学部文芸専修卒業[5]。大学では学生劇団「てあとろ50’」に所属[6]。大学在学中の1988年、彩河杏名義で書いた「お子様ランチ・ロックソース」で上期コバルト・ノベル大賞受賞。ジュニア小説というジャンルでのデビューだったが、のちにこれは自分が望んでいたジャンルでは無かったと話している[7]。
大学を卒業して1年後の1990年、「幸福な遊戯」で第9回海燕新人文学賞を受賞し、角田光代としてデビュー[5]。1996年に『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞を受賞したほか、数度芥川賞の候補に挙がった。2005年、『対岸の彼女』で第132回直木三十五賞受賞[8]。『キッドナップ・ツアー』など児童文学も手がけている。
私生活では、2006年に芥川賞作家の伊藤たかみとの結婚が発表されていたが、2008年に一部雑誌で離婚が報じられる[9]。2009年10月、ロックバンドGOING UNDER GROUNDのオフィシャルウェブサイトでドラマーの河野丈洋との再婚が発表された[9][10]。
引用元:角田光代 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A7%92%E7%94%B0%E5%85%89%E4%BB%A3

幸福な遊戯
今最も注目される女性作家、幻のデビュー作!

著者 角田 光代

今最も注目される女性作家、幻のデビュー作!

ハルオと立人とわたし。恋人でもなく家族でもない者同士の共同生活は、奇妙に温かく幸せだった。しかし、やがてわたしたちはバラバラになってしまい――。瑞々しさ溢れる短編集。
引用元:幸福な遊戯 角田 光代:書籍 | KADOKAWA http://www.kadokawa.co.jp/product/200303000228/

対岸の彼女
角田光代

今を生きるすべての女性たちへ。直木賞受賞の傑作登場
女社長の葵と専業主婦の小夜子。二人の出会いと友情は、些細なことから亀裂を生じていくが……。孤独から希望へ、感動の傑作長篇

担当編集者より
専業主婦の小夜子は、ベンチャー企業の女社長、葵にスカウトされ、ハウスクリーニングの仕事を始めるが……。結婚する女、しない女、子供を持つ女、持たない女、それだけのことで、なぜ女どうし、わかりあえなくなるんだろう。多様化した現代を生きる女性の、友情と亀裂を描く傑作長編。第132回直木賞受賞作。解説・森絵都
引用元:『対岸の彼女』角田光代 | 電子書籍 – 文藝春秋BOOKS http://books.bunshun.jp/ud/book/num/1676720500000000000W

八日目の蝉
角田光代 著

逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるだろうか……。心ゆさぶるラストまで息もつがせぬ傑作長編。第二回中央公論文芸賞受賞作。〈解説〉池澤夏樹
引用元:八日目の蝉|文庫|中央公論新社 http://www.chuko.co.jp/bunko/2011/01/205425.html