ROPITS


2013年3月に日立が発表した
「自律走行が可能な一人乗り
ロボット」の名前は?
SRPIOT
ROPITS(答)
14%
ROPITS: RObot for Personal Intelligent Transportation System


1940年代にグレイ・ウォルターによって開発された、光センサーと真空管からなる亀型ロボットは「マシナ・○○○○○○○○」?
ペリトススクラク
スペクラトリクス(答)
Machina speculatrix

2013年3月12日
歩道を自律走行する一人乗りの移動支援ロボット「ROPITS」を開発

携帯情報端末で指定した送迎場所への自律走行が可能

株式会社日立製作所(執行役社長:中西 宏明/以下、日立)は、このたび、携帯情報端末で指定した位置へ自律走行ができる「任意地点自律送迎機能」を備えた一人乗りの移動支援ロボット「ROPITS」*1を開発しました。「任意地点自律送迎機能」とは、携帯情報端末に表示された予約・操作用画面において、地図上で任意地点を指定すると、その位置まで自律走行することが出来る機能です。この機能を活用することで、「ROPITS」は任意地点まで自律的に搭乗者を迎えに行ったり、目的地まで連れて行ったりすることが可能です。

現在、持続可能な社会の実現に向けた低炭素社会の構築や、将来の超高齢化社会への対応に向け、人と共存できるロボットの活躍が期待されています。今回日立が開発した「ROPITS」は、お年寄りや歩行が困難な方の近距離移動の支援を目的に開発したもので、歩行空間を自律走行できる一人乗りのロボットです。日立は、「ROPITS」の自律走行技術を実用レベルに高めるため、2011年より茨城県つくば市のモビリティロボット実験特区(以下、つくば特区)に参画し、実際の歩道を使った走行実験を通じて、移動支援サービス機能の利便性向上と自律走行機能の信頼性向上を図ると共に、「ROPITS」が歩行空間などで人間と共生できるかという観点から調査・研究を進めてきました。

ROPITS: RObot for Personal Intelligent Transportation System
引用元:ニュースリリース:2013年3月12日:日立 http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2013/03/0312.html

ウォルターの亀(ウォルターのかめ)またはマシナ・スペクラトリクスとは、ウィリアム・グレイ・ウォルター(英語版)が1950年代に創造した(実在した)ロボットである。日本では電子カメとも呼ばれた。
このロボットは、バッテリーと移動するためのタイヤとモーター、そして電圧低下時に自分で専用の充電場所を見付けるための光センサーとアナログ的な電子頭脳を持っている。バッテリーの電圧が下がると周囲を調べて、点灯するランプが目印となっている充電ステーションに入って、自分で充電する機能を持っており、更にはバッテリーが切れ掛かると、異常を知らせるロボット上部の警告灯が点灯して知らせる機能もあった。
その形状や行動様式が、池のまわりの草むらをノソノソと歩き廻るカメそっくりであるために、このように呼ばれる。
引用元:ウォルターの亀 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%AE%E4%BA%80