『69 sixty nine』


村上龍の小説
舞台は長崎県佐世保市
主人公は高校3年生の矢崎剣介
妻夫木聡主演で映画化
『だいじょうぶマイ・フレンド』
『愛と幻想のファシズム』
『69 sixty nine』(答)
『昭和歌謡大全集』
41%


村上龍の小説
サウンドノベルとしてゲーム化  
連合軍と日本の戦い
パラレルワールド
『五分後の世界』(答)

連想
村上龍の小説
政治結社「狩猟社」
主人公は鈴原冬二
独裁者によるクーデター
『愛と幻想のファシズム』(答)

連想
村上龍の小説
ミミミ、ハチ、モニカ
宇宙人ゴンジー
ピーター・フォンダ主演で映画化
『だいじょうぶマイ・フレンド』(答)

CIMG5764
村上龍の小説
少年6人とおばさん6人
壮絶な復讐合戦
松田龍平主演で映画化
『希望の国のエクソダス』
『五分後の世界』
『昭和歌謡大全集』(答)
『69 sixty nine』
引用元:村上春樹『風の歌を聴け』『1973年のピンボール』『羊をめぐる冒険』『海辺のカフカ』翻訳『長いお別れ』喫茶店「ピーター・キャット」多崎つくる「鉄道会社勤務」 村上龍『限りなく透明に近いブルー』(芥川賞)『コインロッカー・ベイビーズ』『テニスボーイの憂鬱』『コックサッカーブルース』『昭和歌謡大全集』 http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/14135/

スロット
中里介山の時代小説『大菩薩峠』に登場する音無しの構えで有名なニヒリストの剣豪は?
机龍之介(答)
つくえりゅうのすけ

甘くて危険な青春小説の最高傑作
楽しんで生きないのは、罪なことだ。ビートルズやストーンズが流れる1969年。高校をバリケード封鎖した、17歳の僕らの物語
引用元:文春文庫『69 sixty nine』村上 龍 | 文庫 – 文藝春秋BOOKS http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167190071

『69 sixty nine』(シクスティ・ナイン)は、1987年に集英社から出版された村上龍の長編小説。1990年に集英社文庫、2004年に集英社から新装版の単行本、2007年に文春文庫からも刊行された。また2013年にはG2010からiBooksの電子書籍としてリリースされた。
1969年の長崎県佐世保市を舞台に、学校のバリケード封鎖、フェスティバルの開催など作者自身の実体験を基にした自伝的な青春小説である。当時の音楽や映画などの固有名詞が多く登場する。
作者は「これは楽しい小説である。こんなに楽しい小説を書くことはこの先もうないだろうと思いながら書いた。」と述べており[1]、全編通して男子高校生の馬鹿馬鹿しくコミカルな思考や言動が描かれている。文章中のフレーズを極端に大きなフォントで強調するという手法が使われている。
2004年に主演妻夫木聡、脚本宮藤官九郎、監督李相日で映画化された。

あらすじ[編集]
ベトナム戦争と学生運動に揺れる1969年、佐世保に住む高校三年生の矢崎剣介(ケン)は、同級生のマドンナ、”レディ・ジェーン”こと松井和子の気を惹くため、友人のアダマこと山田正らと共に校内の全共闘を言いくるめて、高校をバリケード封鎖しようと提案する。バリ封は成功し、ケンは仲間と達成感を味わうが、結局警察に犯行を突き止められ、ケンたちは停学処分となる。しかしその結果、松井和子たちと接近することに成功する。停学が明けたケンたちは、今度はフェスティバルの開催に向けて準備をすすめる。途中、長山ミエを誘ったことによって工業高校の番長に睨まれるも、友人の助けで窮地を脱し、フェスティバルは大成功を収める。
引用元:69 sixty nine – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/69_sixty_nine

村上 龍(むらかみ りゅう、1952年2月19日 – )は、日本の小説家、映画監督、脚本家。長崎県佐世保市出身。血液型はO型。武蔵野美術大学在学中の1976年、麻薬とセックスに溺れる自堕落な若者たちを描いた『限りなく透明に近いブルー』で群像新人文学賞、及び芥川龍之介賞を受賞。ヒッピー文化の影響を強く受けた作家として、村上春樹と共に時代を代表する作家と目される。代表作に、『コインロッカー・ベイビーズ』『愛と幻想のファシズム』『五分後の世界』『希望の国のエクソダス』『半島を出よ』など。芥川賞選考委員も務める。

来歴[編集]
長崎県佐世保市に生まれる。本名は村上竜之助で、これは中里介山の小説『大菩薩峠』の主人公「机竜之助」にちなんだもの。父は美術教師、母は数学教師であった。佐世保市立御船小学校、佐世保市立光海中学校を経て、1967年長崎県立佐世保北高等学校に入学。翌年、佐世保港にアメリカの原子力空母エンタープライズが入港、この際の反代々木系全学連の入港阻止運動に感動する。
高校在学中はロックバンドを結成し、ドラムを担当、その後解散し、ラグビー部の過酷な練習のためから退部をして新聞部へ移る。3年生の夏、高校の屋上を仲間と共にバリケード封鎖し、無期謹慎処分となる。3ヶ月に及ぶ謹慎期間中、ヒッピー文化に出会い大きな影響を受けた。1971年佐世保北高校を卒業、それに前後して再びロックバンドを結成し、文化会館を借りてロック・フェスティバルを行なった他、8ミリ映画の制作や劇団を作って活動するなどした。この年の春に上京し、現代思潮社の主宰する美学校のシルクスクリーン科に入学するも、半年で退学、同年10月から1972年2月まで、米軍横田基地に近い福生市に住んだ。1972年、武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン科入学。この頃より、福生での体験を元に小説を書き始める。
1976年、基地の町で麻薬と乱交に明け暮れる若者の姿を描いた『限りなく透明に近いブルー』で第19回群像新人文学賞を受賞、同年第75回芥川龍之介賞を受賞し、衝撃的なデビューを飾る[1] 。芥川賞選考会では評価が真っ二つに分かれ、文壇でも奥野健男・大岡信が評価する一方、江藤淳・柴田錬三郎は「題名が日本語になっていない、限りなく透明に近ければ色など着いていないはず」(筒井康隆「みだれうち冒涜ノート」)として批判するなど議論を呼んだ。同年、エレクトーン奏者の女性と結婚。男児をもうける。大学を中退したのち、本格的な作家活動に入る。
引用元:村上龍 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E4%B8%8A%E9%BE%8D