MPLS「ミネアポリス」


上遠野浩平の小説
「ブギーポップ」シリーズに
登場する特殊能力をもつ
人間を何という?
LSMP
MPLS(答)
29%


小説『ブギーポップ』シリーズで
統和機構が造った合成人間の1人
織機綺
おりはたあや(答)

069lXjiJabmuO
小説『ブギーポップは笑わない』
で、ブギーポップが口笛で吹く
曲は『ニーベルングの
指環』である
×(答)
◯『ニュルンベルクのマイスタージンガー』

064pSqrWscTXd
『ブギーポップは笑わない』
『ストラトス・フォー』土井静羽
『スクールランブル』高野晶
『serial experiments lain」
折笠富美子
生天目仁美
千葉紗子
清水香里(答)
引用元:ワーグナーのオペラ『ニュルンベルクのマイスタージンガー』 『ブギーポップは笑わない』の曲『ニュルンベルクのマイスタージンガー』 『ブギーポップ』の口笛 声優清水香里 http://seethefun.net/%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1%ef%bc%86%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0/708/

ブギーポップシリーズは、上遠野浩平による日本のライトノベルシリーズ。第1作『ブギーポップは笑わない』は第4回電撃ゲーム小説大賞受賞作品で、著者のデビュー作でもある。イラストは緒方剛志が担当。

概要[編集]
“世界の敵”と戦うために一人の少女の中から浮かび上がってくる、ブギーポップと名乗る人格と、様々な夢や、希望や、あきらめや、悩みや、いろいろな思いを持っている少年少女達の物語。「ブギーポップ(不気味な泡)」とは、周囲に異変を察知した時に自動的に人格が浮かび上がってくることを由来とする、同名のキャラクターの自称を指す。
この作品のヒットが『ブラックロッド』(古橋秀之著)によって源流が作られた電撃文庫の個性を形作る流れをより強め、ライトノベルのレーベルの中での電撃文庫の位置づけをより確定的なものにすると共に、ライトノベル界に大きな影響を与え[1]、「ブギーポップ以降・ブギーポップ以前」という言葉を生み出した。
シリーズ累計発行部数は2010年8月現在で420万部を突破している[2][3]。
作者自身は一作目で『笑わない』は完結しており、その後のシリーズ作品は『笑わない』の姉妹作に当たると説明している[4]。

MPLS
「人類の進化した姿」といわれている、何らかの特殊能力をもつ人間、およびのその能力そのものを指す。統和機構が管理、監視しようとする最優先対象である。物理的影響を及ぼすものから、他者心理への影響を直接的に起こすものなど様々。
合成人間のベースとなる能力もMPLSの研究成果の一端であるが、比較してMPLSの方が強力な存在が多く、特に心理的に影響を及ぼす能力は他者には認識されにくい効果を持っているため、一見すると大した能力とは思えなくても、世界にとっては合成人間とは比較にならない危険性を孕む。その中からさらに、世界の敵になった者は統和機構の存在にも気づいている場合が多く、合成人間すら利用、駆逐してその活動を拡大していく。ブギーポップシリーズの姉妹作『ヴァルプルギスの後悔』では「人の思考の隅で眠っている、世界に影響を与える、非現実的な作用をする力」と説明された。
なお、合成人間からもMPLSへと目覚める者は存在しており(その場合は合成人間の能力とMPLSの能力の両方が扱える[6])、加えて「MPLS=世界の敵」というわけではない。
引用元:ブギーポップシリーズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%82%AE%E3%83%BC%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA

「なあ、こいつは何か武道でもやっているのか、それとも我が統和機構の敵たる”MPLS”なのか?」

MPLSとは、ブギーポップシリーズを始めとする、
上遠野浩平の作品群(ブギーポップ以外の作品も同一世界観でリンクしている)に登場する、所謂超能力者の総称である。
読み方はそのまま”エムピーエルエス”で、何の略称なのか等については未だに明らかになっていない。

※MPLSという言葉の元ネタについては1-800 NEW FUNKのアルバムMinneapolisに収録されている同名曲「MPLS」より。
同曲はミネアポリスサウンドについて歌った曲でMPLSもミネアポリスの略称。
ミネアポリスという街は当時斬新な音楽を生み出し、
ボブディラン等の後に世界的に有名になったミュージシャンを多く排出した。
引用元:MPLS(ブギーポップ) – アニヲタWiki(仮) – アットウィキ https://www49.atwiki.jp/aniwotawiki/pages/1116.html