Apple社のソフト「Pages」ワープロ「Numbers」表計算「keynote」プレゼンテーション 初代機順『AppleII』『Lisa』『Power Mac』『iMac』

287vBzpxDSkDw
次のApple社が開発した
ソフトウェアと、その内容の
正しい組み合わせを選びなさい
Pages───ワープロソフト
Numbers───表計算ソフト
Keynote───プレゼンテーションソフト

CIMG4925
次のApple社のパソコンを
初代機が発売された順に
選びなさい
Apple II
Lisa
Power Mac
iMac


次のアップル社のパソコン用OS「Mac OS X」のバージョンをリリースされた順に選びなさい
Cheetah
Puma
Jaguar
Panther
Tiger
Leopard
Lion

文書を美しく、読みやすく仕上げるために必要なものがすべてそろったパワフルなワードプロセッサ。
それがMacのためのPagesです。MacとiOSデバイスの間でシームレスに作業ができ、
Microsoft Wordを使っている人との共同作業も簡単です。
引用元: Apple – MacのためのPages.

洗練されたスプレッドシートは、MacのためのNumbersが持つ魅力の一部にすぎません。
シート全体があなたのキャンバス。ドラマチックなインタラクティブグラフや、表、画像を追加すれば、
データが持つ意味が視覚的に描き出されます。MacとiOSデバイスの間でシームレスに作業ができ、
Microsoft Excelを使っている人との共同作業も簡単です。
引用元: Apple – MacのためのNumbers.

MacのためのKeynoteは、美しいプレゼンテーションの制作と実施をとてもシンプルなものにします。
パワフルなツールや魅力的なエフェクトを使えば、あなたのアイデアが生き生きと語り出すでしょう。
MacとiOSデバイスの間でシームレスに作業ができ、Microsoft PowerPointを使っている人との
共同作業も簡単です。
引用元: Apple – MacのためのKeynote.

筐体のデザインは性能には直接関係しないものの、所有欲をくすぐるためには必須の条件。Apple社の製品がウリにし続けているポイントでもあります。ガレージで開発された手作りキット「Apple I」から2010年の「iPhone 4」まで、進化の歴史をまとめてみました。
>2. 1977年 – Apple II
技術者以外の一般の愛好家でも使用可能なコンピュータとして製造された最初のオールインワンタイプのコンピュータ製品。
>6. 1983年 – Lisa
パーソナルコンピュータ初のGUI環境を搭載したマシンでしたがあまりにも高価すぎて売れず、税金節約のため埋め立てられたという悲劇のマシンでした。
>22. 1996年 – Power Macintosh 7220
筐体が従来のプラスチックから金属に変わった機種
>24. 1998年 – iMac G3
スティーブ・ジョブズが復帰したとたんこのアヴァンギャルドさ。一時期はみんな半透明な樹脂を使ったデザインを採用したほどインパクトを与えました。
引用元: 「Apple I」から「iPhone 4」までApple製品の進化の歴史をまとめた画像45枚 – DNA.