「コーン」円錐cone


ソフトクリームのカップを
「コーン」といいますが
これはトウモロコシのことで
ある
×(答)
75%


メロンとバニラシャーベットを
ミックスしたフタバ食品のアイス
エルコーン(答)
引用元:「エルコーン」フタバ食品のアイス http://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/31938/


漫画『スキップ・ビート!』で
最上キョーコがお守りとして
持っている石につけた名前は?
コーン(答)
トマト
キャロット
ポテト
引用元:「コーン」最上キョーコのお守り 敦賀蓮 http://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/35151/

ソフトクリームって? ソフトクリームとは「フリーザーで-5℃~-7℃程度にフリージングされ、アイスクリームのように固めないでそのまま食べるものです。」ソフトクリームは氷結晶が少なく、かつ氷の結晶が小さいため「なめらかで口あたりの良さ」「出来立てのフレッシュ感」が大きな特徴です。
Q-2
ソフトクリームとアイスクリームとどう違うの? もともとアイスクリームはソフトクリーム状の柔らかいクリームを容器に詰めて-30℃以下で急速に固め、-25~-30℃で保管されます。(お店では-18℃以下で売られています)一方、ソフトクリームの製品温度は-5~-7℃となっています。
一般的にアイスクリームとソフトクリームの大きな違いはこの商品の温度にあります。この冷たさで味覚の感じ方が違ってきます。
たとえば固まったアイスクリームが溶け始めてくると甘く感じるようになります。そもそもアイスクリームは-18℃以下で、ソフトクリームは-5~-7℃でちょうどよい味にしています。
同じ冷菓の仲間でも、アイスクリームとソフトクリームは配合や作り方が違うんですね。ソフトクリームは出来たてのアイスクリームといえます。

コーンカップについて
コーンカップ コーンカップのつづりは「CONE」で円錐を意味しています。従ってコーンカップは「円錐形の容器」となります。
「CORN」と思い、とうもろこしを主原料としていると思い違いされている人が案外多いのですが、主原料は小麦粉です。
ギリシャ神話の中で、ゼウスに授乳したというヤギの角のことを「コルヌ・コピア」といい、何でもかなえられる豊饒の角という意味があります。後にコルヌは「CONE」に変化したといわれています。
コーンカップのさくさく感のもとは、コーンを焼く時、原料に含まれた「でんぷん」がポップコーンのようにふくらみ、そしてベーキングパウダーによって炭酸ガスが発生し、コーンの内部は『空気の入ったつぶ』が詰まったような組織になります。これがコーンのサクサク感のもとですが、ただそれだけでは十分なサクサク感は出ません。この『空気のつぶ』の大きさや生地の厚みなどいろいろな要素に、サクサク感は関係しているからです。

パフェとサンデー ソフトクリームを使った冷たいデザートというとパフェやサンデーを思い浮かべますが、その名前の由来は風味の多様さと冷たい喉ごしの調和が「完璧」であることからパーフェクト・アイスクリームが略されて「PARFAIT(パフェ)」となり、一方「サンデー」は1890年代の初め、アイスクリームにチョコレートをかけて日曜日に限って販売したところ大評判になったことが、チョコレート・サンデー発祥の由来と伝えられています。ただし、安息日の名前をつけることは不謹慎ということで「SUNDAE」と綴るようになったといわれています。

引用元:ソフトクリームについての面白話《日本ソフトクリーム協議会》 http://www.softcream.org/qa_folder/qa-1.html

「コーン(cone)」は「円錐形」を意味している。アイスクリーム・コーンは、ポーク(poke)やコルネット(cornet)とも呼ばれる。 なお cone の発音は「コウン」が近いが、コーンと表記されるせいかトウモロコシ(corn)が原料だと誤解されることもある。 ウエハースの材料にトウモロコシは通常用いない。
引用元:アイスクリーム・コーン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%B3

cone
【自動】
〔渦などが〕円すい形を形成する
【他動】
~を円すい状にする
【名】
《数学》錐面、錐体
《数学》直円すい◆【同】right circular cone
円すい状のもの
〔アイスクリームの〕コーン◆【同】ice-cream cone
〔道路に置く〕円すい標識、セーフティーコーン
《植物》〔球果植物の〕球果、〔ツクシなどの〕胞子嚢穂、〔ホップなどの〕毬花◆【同】strobilus
《解剖》〔網膜の〕錐体視細胞◆赤・緑・青の錐体細胞があり、それぞれの色に対して反応する。◆【同】cone cell◆【対】rod
《動物》イモガイ◆【同】cone shell [snail]
〔円すい形の〕火山
レベル7、発音kóun、カナコーン、コウン、変化《動》cones | coning | coned
引用元:coneの意味・用例|英辞郎 on the WEB:アルク https://eow.alc.co.jp/search?q=cone

corn
【1自動】
〔固い〕粒になる、ザラザラになる
【1他動】
~を粒状[顆粒]にする
〔粒塩で食品を〕味付けする
〔牛肉などを〕塩漬けにする
〔家畜に餌として〕トウモロコシ[穀物]を与える
【1名】
〈米〉《植物》トウモロコシ、トウキビ◆中南米原産のイネ科トウモロコシ属の一年草。◆【学名】Zea mays◆【同】Indian corn ; 〈英〉maize
〈米〉トウモロコシ粒[の実]
〈英〉〔地域の主要〕穀物◆イングランドでは小麦、スコットランドではカラスムギを指す。
〈米〉ざらめ雪◆【同】corn snow
〈話〉コーン・ウイスキー◆【同】corn whiskey
〈話〉〔冗談や映画などの〕陳腐な[芝居がかかった・感傷的な]もの
【2名】
〔足の裏にできる〕うおのめ、まめ、たこ、鶏眼◆【同】clavus
レベル2、発音kɔ́ːrn、カナコーン、変化《複》corns
引用元:cornの意味・用例|英辞郎 on the WEB:アルク https://eow.alc.co.jp/search?q=corn