トリッパ


トマト煮などにする
牛の第二の胃を
イタリア料理では
何という?
ノギッリチ
ミハトアパ
トリッパ(答)
-%
trippa

トリッパはイタリア語で牛の第2胃袋のことをいいます。日本ではハチノスと呼ばれている部位ですね。煮込み料理の定番としてイタリアでは代表的な食材のひとつですし、サラダにも使われています。ヴェルデソースやトマトソースと和えて食べると美味しいですよ。
街には移動屋台もあって、ファーストフード感覚でパンなどに挟んで食べられていますね。
引用元:もっと知りたいトリッパのこと! トリッパってなに?|天狗缶詰株式会社 http://tgc-tengu.co.jp/trippa/whats/index.html

トリッパ(〈イタリア〉trippa)

牛の第二胃(はちのす)のこと。また、それをトマトなどとともに煮込んだイタリア料理。
引用元:トリッパとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%91-1711463

La trippa (di etimologia incerta forse dal francese e dall’inglese tripe a sua volta di origine celtica tripa comune correlato con il gaelico tarp “mucchio, cumulo” [1]), è una frattaglia usata in gastronomia e ricavata dalle diverse parti dello stomaco del bovino e non, come molti credono, dall’intestino[2].
引用元:Trippa – Wikipedia https://it.wikipedia.org/wiki/Trippa