「タワー・オブ・テラー」TDS最高度


東京ディズニーシーで
高さ59mと最も高い建物は
プロメテウス火山である
×(答)
48%

タワー・オブ・テラー (Tower of Terror) とは、東京ディズニーシーのアメリカンウォーターフロントに2006年9月4日に開業した、フリーフォールタイプのホラーアトラクションである。

>このアトラクションは、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートのディズニー・ハリウッド・スタジオと、ディズニーランド・パリのウォルト・ディズニー・スタジオ・パークにあるアトラクション『トワイライトゾーン・タワー・オブ・テラー(The Twilight Zone Tower of Terror)』と類似したアトラクションである。しかし演出に関しては東京ディズニーシーの完全オリジナルストーリーであり、他のパークのように米国のテレビドラマ『トワイライトゾーン』をモチーフにした演出はされていない。東京ディズニーシーに他のパークと同じコンセプトで建設出来なかったのは、他のパークが全てハリウッドをテーマとしたパーク及びテーマゾーンにある事と、建物が『ハリウッド・タワー・ホテル』という設定である事から、ニューヨークを再現したアメリカンウォーターフロントでは地理的設定に矛盾が生じてしまうという問題があったからである。故に日本オリジナルのバックグラウンドストーリーを制作することになった。その為、建物の外観・内装・演出も他のディズニーパークのものとは異なっている。総工費は約210億円。

>建物の高さは59メートル。プロメテウス火山とシンデレラ城が51メートルであり、東京ディズニーシー、東京ディズニーランドの両パークを合わせても、当アトラクションが最も高い建物である。60メートルにしない理由は、航空法により60メートル以上の建物を建設する際、航空障害灯の設置が義務付けられており、パーク内の建物として景観を損ねないようにする為である。
引用元:タワー・オブ・テラー (TDS) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%BB%E3%83%86%E3%83%A9%E3%83%BC_(TDS)