モンテクリスト、パルタガス「キューバ産葉巻」



次の葉巻のうち
キューバ産のものを
全て選びなさい
モンテクリスト(答)
ダニエル・マーシャル ニカラグア
パルタガス(答)
ホアン・クレメンテ ドミニカ
クルゼロス ドミニカ
フォンセカ(答)
38%



日本に住む成人が外国から
紙巻タバコを持ち帰る際
免税になるのは1人あたり
200本ですが

葉巻タバコは何本まで?
数字で答えなさい
50(答)


1962年のキューバ危機で
ソ連がキューバのミサイルを撤去
する交換条件として、アメリカが
ミサイルを撤去した国は?
トルコ(答)
スイス
デンマーク
ギリシャ

CIMG0887tCrgpsbvrNfR
葉巻の生産国
ドン・フェロ
ビバリーヒルズ
フェリペ・グレゴリオ
スペイン
フィリピン
ホンジュラス(答)
ニカラグア
引用元:「ホンジュラス共和国」エルサルバドルとニカラグアの中央部分 http://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/28464/

葉巻きたばこ(はまきたばこ)はたばこの形態の一種。単に「葉巻」と呼称されることが一般的である。同時に近年は「シガー」と呼ばれることが多くなっている。

葉巻たばこはタバコの葉を筒状に巻いたものである。タバコの加工技術としては最古の部類に入り、古代中米で行われていた喫煙方法の一つであったとされる。ただし、当時は儀式などを行う際に大量のタバコ葉を用い、この煙を纏うといった宗教的な意味合いが強く、現在のような嗜好品としての趣はあまりなかったといわれる。これは新大陸発見で流入してきた幾人かのヨーロッパ人たちによって目撃され記録されている。こうした中に、タバコ葉を巻いた棒状のものがあり、これがヨーロッパに持ち込まれると貴族階級や商人たちの間に広く嗜まれるようになっていった。その後、だんだんと味や香りの善し悪しを競うように構造(後述)やタバコ葉の生産法などが確立されていくこととなった。
通常、プレミアムシガーと呼ばれる葉巻は刻みたばこのように細断された葉は使用されず、細断されていない数枚のタバコ葉を、糊のみを用い職人(トルセドール)の手によって特別な巻き方によって巻かれたものである。紙巻きたばこ(シガレット)のように紙で包まず、フィルターも用いない。こうした製造工程で全てに人の手が使われていることから高価となっている。

>キューバ産[編集]
葉巻のオリジナルを生んだ国であり最大の葉巻生産国キューバで作れるシガーは、フィラー、バインダー、ラッパーの全てをハバナ葉で構成されていることからハバナ産、単にハバナとも呼ばれる。また、国有会社であるハバノス社が全てのキューバ産シガーの販売を担っていることから、ハバノスとも呼ばれる。現在、以下の主要ブランドを含めて30を超えるブランドが存在しており、各ブランドに熱狂的な愛好家が存在していることでも有名。とりわけ、ハバナシガーを最も消費するヨーロッパでは特に顕著だという。中でもコイーバ、ロメオ・イ・フリエタ、モンテクリスト、パルタガス、オヨ・デ・モントレイは特に著名で、ハバナ5大ブランドなどとも呼ばれる。他にもH.アップマン、ホセ・L・ピエドラの二つを合わせて7大ブランドとも、さらにパンチをも含めた8大ブランドなどと様々であるが、これはハバナ・シガーでのみしか味わえない特有の喫感があるためで、それだけ愛好家が多いということでもある。
コイーバ(Cohiba)
ロメオ・イ・フリエタ(Romeo y Julieta)
パルタガス(Partagas)
モンテクリスト(Montecristo)
オヨ・デ・モントレイ(Hoyo de Monterrey)
H.アップマン(H. Upmann)
ホセ・L・ピエドラ(Jose L Piedra)
パンチ(Punch)
ボリバー(Bolivar)
トリニダ(Trinidad)
フォンセカ(Fonseca)
クアバ(Cuaba)
レイ・デル・ムンド(EL Rey del Mundo)
他、全30ブランド以上ある。
引用元:葉巻きたばこ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%89%E5%B7%BB%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%81%B0%E3%81%93