オニオンサラダ味、マーボー味、ギュウタンシオ味、エビマヨネーズ味


次のうち、やおきんが販売
しているお菓子・うまい棒の
味の種類を全て選びなさい
ハンバーグ味
オニオンサラダ味(答)
チキン南蛮味
52%


次のうち、やおきんが販売
しているお菓子・うまい棒の
味の種類を全て選びなさい
マーボー味(答)(正答扱いですが販売終了)
チキン南蛮味
ハンバーグ味

次のうち、やおきんが販売
しているお菓子・うまい棒の
味の種類を全て選びなさい
ギュウタンシオ味(答)
クリームシチュー味
フライドチキン味
たこ焼きマヨネーズ味
チョコレート味(答)
エビマヨネーズ味(答)
31%

105BrWHkcg
2011年に話題になった黒糖
ドーナツ棒を販売している会社
フジバンビ(答)
引用元:「フジバンビ」黒糖ドーナツ棒 川澄奈穂美選手の発言からブレイク http://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/16454/


引用元:商品カタログ|やおきんドットコム http://www.yaokin.com/catalog/

うまい棒(うまいぼう)は、株式会社やおきんが日本で販売している棒状のスナック菓子。製造はリスカ株式会社。標準小売価格は1本10円(消費税別)。1979年7月発売開始。
なっとう味、めんたい味など種類が豊富でユニークなフレーバー(味)があり、値段も安価なことから子供や若者を中心に人気のある駄菓子である。元来儲からないと言われる駄菓子屋の相次ぐ閉店によりコンビニエンスストアやディスカウントストア、スーパーマーケットの販路にシフトした結果、幅広い層の目に止まることとなった[要出典]。
その人気により、やおきん公認の派生した展開も行われており、うまい棒をモチーフにしたリップクリームや入浴剤、キャラクターを使用した文房具やグッズ、「パチスロうまい棒」などが発売されている。2009年の発売30周年を機に、ファンイベント「うまい棒大感謝祭」が毎年開催されており、司会ではうまい棒好き芸人としてHEY!たくちゃんや映画監督の河崎実のほか著名人も多数参加している[1]。

生産・販売[ソースを編集]
10円という決まった価格の中で製造されているため、原材料費の価格変動に合わせその長さは常に予告無く変更されている。真ん中を貫く穴は、スナックの強度を上げ輸送中に製品が崩れる事を防ぐと同時に、見た目の容量アップと、中まで均一に熱を通すことで食感を良くするために空けられている[2]。内容量は種類によって異なる。2005年から内容量が公開され、2007年秋まで内容量7〜9gで、原料費高騰による影響のため、2010年1月時点では内容量5〜6gとなっている。
一部のコンビニや業務用スーパーでは、30個入りの袋も売られている。日本国外でも発売が行われており、台湾(現地名:同じ)や韓国(現地名:うまい棒または「우마이봉」)にてコンビニエンスストアを中心に販売されている。価格は台湾が5元(台湾ドル)、韓国が300ウォン。
姉妹品として、リング状にした袋スナック「うまい輪」が存在し、フレーバーはめんたい味、牛タン塩味、チーズ味、たこ焼き味、やさいサラダ味、オニオンサラダ味、黒糖リングとなっている。うまい棒全般は(株)リスカが製造していることもあって、パッケージにリスカのマークが入っているものもある。「うまい棒キャンディ」という飴バージョンも発売していた。

>レギュラー[ソースを編集]
めんたい味
実は原材料に辛子明太子は使われておらず、赤ピーマンがフレーバーの一つとなっている。後述の辛子明太子味とは別物。
コーンポタージュ味
ナゴヤドームなどでは、箱入りでドアラの写真がデザインに使われているものが販売されている。
パチンコチェーン店オータの各店で、オータのロゴ入りのオリジナルの包みのものが景品として扱われている。
チーズ味
ピザ味
テリヤキバーガー味
サラミ味
やさいサラダ味
チキンカレー味
とんかつソース味
エビマヨネーズ味
2001年にエニックスのウェブサイト上に作られたうまい棒のオフィシャルサイトでの投票の結果作られた。
たこ焼き味
製造過程で二度味付けをしているため、他の種と比較すると食感がやや硬い。
チョコレート味
他の種類より細めで、外側にチョコレートがコーティングされている。但しコーティングが溶けやすいので夏季(6月〜8月)は販売されない。
牛タン塩味
なっとう味
2012年12月3日発売。過去2回再生産され、3回製造を中止した。今回で3回目の再生産である。
シュガーラスク味
2013年1月11日発売。ラスクの食感を出すために、棒状のうまい棒では唯一中心の穴が空いていない。ただし代わりに小さな穴が4つ空いている。

販売終了[ソースを編集]
パンチ味
さきいか味
ちょいからパンチ味
カニチャンコ味
オムライス味
ギョTHE味
チョコピー味
カニシューマイ味
豆リカン味
梅おにぎり味
レッドロブスター味
アメリカンホットドッグ味
マリンビーフ味
カレー味(初代フレーバー)
サラダ味
元祖さすがたこ焼き味
かばやき味
ココア味
キャラメル味
バーガー味
ソース味
オニオンサラダ味
引用元:うまい棒 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%86%E3%81%BE%E3%81%84%E6%A3%92