アルコール、シャーベット「アラビア語由来」


次のうち
アラビア語に由来する
単語を全て選びなさい
オルゴール オランダ語、ドイツ語
アルコール(答)
シャーベット(答)
カステラ ポルトガル語
49%

090JVJNiFP
紀元前2800年頃までは
北極星だった、りゅう座の
アルファ星は?
ケトバウハ
ンマゥメア
トゥバン(答)
引用元:「トゥバン」りゅう座のアルファ星 歳差運動で紀元前2700年頃北極星 「ファン・ガンマ・ビゼン」『海皇紀』主人公 ケフェウス座(備前の箕)γ星由来? http://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/3771/

052dAhslrQOgR
アラビア語で「フェニックス」を
意味することばに由来する
ほうおう座のアルファ星は?
シーマ
ハマカ
アンム
アンカ(答)

470oDjAfIpTSe
南斗六星で一番明るい、「海の
しるし」という意味のなを持つ
いて座のσ星は?
ヌモザ
ハオス
ナダキ
ヌンキ(答)
Nunki

引用元:「アンカ」ほうおう座α星「ゲンマ」(アルフェッカ)かんむり座α星「ヌンキ」いて座のα星「ハダル」ケンタウルス座β星「ミモザ」みなみじゅうじ座β星ベクルックス http://seethefun.net/%E7%90%86%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/13279/

アラビア語(アラビアご、اللغة العربية, UNGEGN式:al-lughatu l-ʻarabīyah, アッ=ルガトゥル=アラビーヤ、العَرَبِيَّة, al-ʻarabiyyah [ʔalʕaraˈbij.ja] ( 聞く)、عَرَبِيّ ʻarabī [ˈʕarabiː, ʕaraˈbij] ( 聞く))は、アフロ・アジア語族のセム語派に属する言語の一つ。主に西アジアや北アフリカのアラブ世界で話されている。ISO 639による言語コードは、2字が ar 、3字が ara で表される。
日本語では亜語あるいは亜と表記される。
世界で3番目に多くの国と地域で使用されている言語であり、アラビア半島やその周辺、サハラ砂漠以北のアフリカ北部の領域を中心に(非独立地域を含めて)27か国で公用語とされており、また、国連の公用語においては、後から追加された唯一の言語でもある。

アラビア語を起源とする語彙[編集]
「Category:アラビア語の語句」も参照
トタン、じょうろ、コーヒー、ラケット、シロップ、アルコール、アルカリ、ソーダ、シャーベット、チェス、チェック(小切手)、ソファー、モンスーン、アベレージ(平均値)、ジャケット、ゼロ(零)、タリフ(関税率) 、リスク、アルゴリズム、アドベ、タマリンド、コットン、サフラン、アドミラル、センナ、シュガー(砂糖)、キャメル(ラクダ)、カラット、ガーゼ、カンフル(樟脳)、ギプスなど。
科学用語にはアラビア語起源の用語が多く、とりわけ化学に多い。これは中世から近世にかけてのアラビア語圏が科学分野において発展しており、当時の欧州が積極的にその知識と語彙を取り入れたためである。
星の名前
アルタイル(「飛ぶ鷲」という熟語の「飛ぶ」という部分。単独では「鳥」という意味)
アルデバラン(従うもの、後に続くもの。プレアデス星団に続いて地平線より昇ることから)
アルゴル(「グールの頭」という熟語の「グールの」という部分)
アルビレオ(「雌鳥のくちばし」の意味の語が西洋人の誤訳と誤解を経て)
ヴェガ(「降り立つ鷲」という熟語の「降り立つ」という部分)
デネブ(「鶏の尾」という熟語の「尾」という部分)
フォーマルハウト(大魚の口)
ベテルギウス(巨人の腋の下)
リゲル(脚)
その他
ゼロ
アシッド
グール
「アル」で始まる言葉が多いのは、al- が定冠詞だからである。アラビア語の冠詞も参照。
他にもペルシア語、テュルク諸語(オグズ、キプチャク、チャガタイ語群)、スペイン語、ヒンドゥスターニー語、マレー語、スワヒリ語などの言語にはアラビア語からの借用語が少なくない。これらの言語は現在もアラビア文字で書かれているか、過去の一時期にアラビア文字で書かれていたという歴史を持つ(ペルシア語を除き、現在はそれぞれ別の文字で表記されている)。
引用元:アラビア語 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%93%E3%82%A2%E8%AA%9E