「フロックコート」かつて礼装


フォーマルスーツの原型に当たる
昼間の正礼服として用いられた
膝下丈のダブルのコートは
◯◯◯◯コート?
ルクンロダ
ッフチレト
フロック(答)
「フロックコート」

フロックコート(英:Frock Coat、米(別名):Prince Albert coat)は19世紀中頃から20世紀初頭にかけて使用された昼間の男性用礼装である。ダブルブレストで黒色のものが正式とされ、フロックコートとシャツ、ベスト、ズボン、ネクタイで一揃いになった。その後モーニングコートに取って代わられ、現在では前合わせがシングルのものも多く見られるようになり、結婚式で使われるくらいになった。
引用元:フロックコート – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%88

フロックコート
frock coat
18世紀末から 19世紀後半にヨーロッパの男性が着用した最も一般的なコート型の表着。市民服の典型とされたが,背広服が普及する 19世紀後半以降は,次第に正装と化し,さらに第1次世界大戦以降は一部の礼装として残存する以外,今日ではほとんどすたれた。ごく初期には,身体にぴったりしたジュストコールに対して,同型の総体的にゆったりした膝丈の表着をさしており,一般にゆるやかな服をさすフロックの語が用いられた。のち長ズボンの採用に伴い,ウエストラインで切替えて,そこからスカート状の垂れ部をつけた両前 (ダブル) 形式の表着をさすようになり,それがフロックコートの典型となった。日本では明治から大正にかけて男性の洋服礼装となり,初期の軍服も,基本的にはこの型を踏襲していた。
引用元:フロックコート(フロックコート)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%88-128007

ダッフルコート(英語:duffle coat, duffel coat)は、外套(オーバーコート)の一種である。起源は北欧の漁師の仕事着であるが、第二次世界大戦時にイギリス海軍で防寒着として広く使用され、その余剰在庫品が大戦後に市場に出回ったことで一般化した。

概要[編集]
フード付きの防寒コートで、使用されている起毛仕上げの厚手のメルトン生地(紡毛織物、ウール生地)の原産地、ベルギーのアントウェルペン近郊の都市デュフェル(英語名ダッフル)に名称が由来する。
引用元:ダッフルコート – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%83%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%88

トレンチコート(Trench coat)は、冬季用の外套(オーバーコート)およびレインコートの一種。

概要[編集]
トレンチコートの起源は第一次世界大戦のイギリス軍で、寒冷な欧州での戦いに対応する防水型の軍用コートが求められたことから開発されたものである。もっとも、その原型は既に1900年頃には考案されており、第一次大戦での普及が、一般への広がりの契機となったとも見られる。
「トレンチ(塹壕)」の称は、このコートが第一次大戦で多く生じた泥濘地での塹壕戦で耐候性を発揮したことによる。平時のファッションとして用いられるようになってからも、軍服としての名残を多く残す。
引用元:トレンチコート – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%88