「味太助」仙台牛タン元祖


仙台名物牛タンの発祥の地と
される、1948年に仙台市に
オープンした、牛たん焼き
専門店は?
郎仙太牛
善助治味
味太助(答)
30%


1990年に宮城県仙台市で創業し
現在市内に20店舗以上展開して
いる、牛たんの人気チェーンは
「牛たん炭焼 ◯◯」?
如州
利久(答)
珠光
引用元:「利久」仙台の牛たん店 http://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/35134/


次の駅弁を地域ごとに
グループ分けしなさい

東北地方九州地方
網焼き牛たん弁当
おごっつぉ弁当
鮎屋三代
牛肉どまん中
有田焼カレー


JR九州による「九州の駅弁ランキング」において、2004年の第1回から3年連続1位となった新八代駅などで売られる駅弁は?
鮎屋三代(答)
あゆやさんだい


毎年お正月に「駅弁甲子園」こと
「元祖有名駅弁と全国うまいもの
大会」を開催している
東京の新宿にある百貨店は?
三越
高島屋
京王百貨店(答)
小田急百貨店

仙台名物として定着しております牛タンの発祥の店はこの味太助です。
当店自慢の牛タン焼、テールスープは初代(故)佐野啓四郎が作り出した、安くて、おいしい、人情あふれる、栄養価の高い名物メニューです。
開店当時からの秘伝の味と技を、いまも頑固に守り続けています。
独特の味わいのある、仙台牛タン元祖の守りぬかれた味を是非一度ご賞味ください。
引用元:仙台牛タン発祥の店 味太助 http://www.aji-tasuke.co.jp/

牛タン焼きは仙台が発祥地とされる。「味太助」の初代、佐野啓四郎(故)が昭和二十三年、仙台市中心部に牛タン焼きの専門店を開き、全国にその味を広めたことによる。
佐野啓四郎
牛タン焼きの生みの親、佐野啓四郎
佐野啓四郎は、山形県西里村(現河北町)の農家の二男として生まれた。東京で料理の修業をしていた二十代の頃(昭和十年頃)、フランス人のシェフからシチューなどに使う牛タンの味を教わり、日本人好みの味付けに工夫を重ねた。
「昭和十年頃だったかねぇ。東京で日本料理の修業をしている時に知り合ったコックが言うんだよ。牛の舌ほどうまいものはないってねぇ。まさか、と思って自分で焼いて食べてみたら、これが本当にいい味なんだ。」牛タン焼きの生みの親、佐野啓四郎は、初めて牛タンと出会った頃をこう振り返った。
佐野啓四郎は、戦時中は焼き鳥の屋台を引いたりして花巻市、白石市、宮城県柴田町などを転々。戦後間もなく仙台にやってきた。
開店当時は、物資不足の時代。材料が手に入らず、朝一番の汽車に乗って山形まで買い出しに行くことも多かった。物がなくても、牛タン一筋で店を続けていくというこだわりの表れである。
佐野啓四郎は、平成6年3月15日に他界したが、その後、長男の佐野和男(現店主)が「味太助」を引き継いでいる。
引用元:味太助の歴史 | 仙台牛タン発祥の店 味太助 http://www.aji-tasuke.co.jp/history.php

2017年1月24日 (火)
駅弁大会、本日1/24(火)午後6時まで! 【食べた!食べた!!食べた!!第52回駅弁大会!!!】
1/12(木)より13日間開催してまいりました「第52回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」もいよいよ本日午後6時まで。
今大会もたくさんのご来場、誠にありがとうございました!!

お気に入りの駅弁、うまいものはゲットできたでしょうか?
新しい魅力的な駅弁との出会いはあったでしょうか?

京王百貨店社員にとっても、年に一度のお祭り催事。
誘惑と戦いながらも、お財布と相談し、食べております!!
お客様が長時間待たれているなか並ぶことは難しいのですが、13日中の10日くらいは通えるのが特典でしょうか(笑)。
今大会の最後の駅弁大会ブログは、ごくごく私的なものになってしまいますが、我々が食べた駅弁をお送りいたします。
食べた駅弁・うまいものについて、思い出を分かち合えれば幸いです♪
引用元:京王百貨店BLOG: 【駅弁大会2017】ニュース&リポート http://keio-dept-blog.cocolog-nifty.com/blog/2017_1/index.html