さかたえいお坂田栄男


呉清源らと並び、昭和最強の
1人に数えられた囲碁棋士です
坂田栄男
さかたえいお(答)
32%

二十三世本因坊栄寿(にじゅうさんせいほんいんぼうえいじゅ)(坂田 栄男 さかた えいお、1920年(大正9年)2月15日 – 2010年(平成22年)10月22日)は、囲碁棋士。東京都出身、日本棋院所属、増淵辰子八段門下、九段。
本因坊戦で7連覇他、選手権制初の名人・本因坊、7タイトル制覇、タイトル獲得64回など数々の記録を持つ、呉清源と並び称される昭和最強棋士の一人。切れ味の鋭いシノギを特徴として「カミソリ坂田」の異名を持ち、数々の妙手、鬼手と呼ばれる手を残している。また布石での三々を多用した。
日本棋院理事長を1978年から1986年まで務めた後、1988年7月より日本棋院顧問。2000年2月15日に現役を引退。2009年より日本棋院名誉顧問。
引用元:坂田栄男 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%82%E7%94%B0%E6%A0%84%E7%94%B7