まじょまじょねるねる



1984年より発売されている
クラシエフーズの人気商品は
「ねるねるねるね」ですが

2013年2月に発売された
そのスペシャルバージョンは
「◯◯◯◯◯◯ねるねる」?
◯を答えなさい
まじょまじょ(答)
38%

042rXBzrwS
ぶどう味、レモン味、ソーダ味の
アイスを混ぜるとコーラ味に変化
する、クラシエフーズのアイスは
「◯◯◯◯アイス」?
らぐだねる
こぜりまじ
ぐるねり(答)
「ぐるねりアイス」
引用元:「ぐるねり」アイス 三色アイスを混ぜると別の味にあるアイス 「ねるねるねるね」アイス版 http://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/22414/

まじょまじょねるねる(ピーチ味)
『魔女の小袋』で、魔法をかけておいしく食べよう!『魔女の小袋』は、「もっとふくらむ袋」「あじがかわる袋」「ぱちぱちする!?袋」の3種類!

希望小売価格:160円(税抜)
引用元:ねるねるねるね – 商品紹介|クラシエ http://www.kracie.co.jp/products/neruneru/index.html

なぞなぞねるねる(いちごソーダ味+レモンスカッシュ味) NEW!
たっぷり2回分、二つの味を楽しめて、いっしょに食べると味が変わる。
「ねるねるねるね」のスペシャルバージョン。

希望小売価格:160円(税抜)
引用元:ねるねるねるね – 商品紹介|クラシエ http://www.kracie.co.jp/products/neruneru/index.html

ねるねるねるねは、1986年よりクラシエフーズ(旧カネボウフーズ・ベルフーズ)から発売されている菓子。

砂糖を主成分とした粉に水を加えて「ねるねる」を作り、キャンディチップやチョコクランチを付けて食べる。化学実験を思わせる手順によって自ら菓子を「作る」斬新さや、作る過程でねるねるの色が変わる点などが子供の心を掴み、発売から30年以上経った現在も根強い人気を誇っている。開発当初は「ねりっちょ」という名称も検討されたが、議論の末「ねるねるねるね」となった。2011年時点で、累計7億食を販売している[1]。
ねるねるねるねを始めとして、クラシエフーズが発売する一連の作る菓子は、サイバー菓子(ケミカル菓子)などと呼ばれていたが、近年[いつ?]では知育菓子というジャンルで展開している。「知育菓子」はクラシエの登録商標である。ねるねるねるねの場合、着色に使われるのはアントシアニン系の色素であり、着色料の原材料は紫キャベツの葉(赤紫色)、クチナシの果実(黄色)、スピルリナ(青色)である。色の変化も酸性値の変化によるもので、これはリトマス試験紙と同じ原理である。初期には練ると糸を引く物もあった。
2011年2月に、味のリニューアルが行われ、現代の子供の味覚に合わせて「おいしいブドウ味」を甘めに変更した[1]。
引用元:ねるねるねるね – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AD%E3%82%8B%E3%81%AD%E3%82%8B%E3%81%AD%E3%82%8B%E3%81%AD