『大往生したけりゃ医療とかかわるな』


2012年に話題となった医師・
中村仁一の著書は『◯◯◯
したけりゃ医療とかかわるな』?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
だいおうじょう(答)
31%


大往生したけりゃ医療とかかわるな 「自然死」のすすめ
新書
中村仁一 / 著 
数百例の「自然死」を見届けてきた現役医師である著者の持論は、「死ぬのはがんに限る。ただし治療はせずに」。自分の死に時を自分で決めることを提案した画期的な書。
引用元:大往生したけりゃ医療とかかわるな 「自然死」のすすめ | 株式会社 幻冬舎 http://www.gentosha.co.jp/book/b5179.html


大往生したけりゃ医療とかかわるな【介護編】 2025年問題の解決をめざして
新書
中村仁一 / 著 
前著から5年、77歳になった著者が医療と介護について再び毒を吐く。世間では2025年問題(団塊の世代が75歳以上になる)を解決すべく、「健康寿命」を伸ばして「要介護」の期間を縮めようと様々な取り組みがなされているが、それは結局〝弱っても死ねない身体づくり〟をしているだけ。健康寿命を伸ばすことで要介護期間が延び、社会全体の医療と介護費用はますます増えてしまうのだ。誰もが「ピンピンコロリ」を願うが、それは1等7億円のジャンボ宝くじに当たるよりむずかしいこと。ならば老人はどうすればいいのか? 生き方、死に方についての意識が変わる、目から鱗の一冊。
引用元:大往生したけりゃ医療とかかわるな【介護編】 2025年問題の解決をめざして | 株式会社 幻冬舎 http://www.gentosha.co.jp/book/b10743.html

中村 仁一(なかむら じんいち、1940年 – )は、日本の医師、医療評論家。
長野県更埴市(現千曲市)生まれ。京都大学医学部卒業。財団法人高雄病院院長、理事長を経て、2000年より社会福祉法人老人ホーム「同和園」附属診療所所長、医師。1996年より、市民グループ「自分の死を考える集い」を主宰。医師による延命治療の拒否を唱えている。医学博士号は持たない。[1]

著書[編集]
『老いと死から逃げない生き方』講談社 1994 『「治る」ことをあきらめる「死に方上手」のすすめ』講談社+α新書 2013
『幸せなご臨終 「医者」の手にかかって死なない死に方』講談社 1998 『医者に命を預けるな』PHP文庫
『大往生したけりゃ医療とかかわるな 「自然死」のすすめ』幻冬舎新書 2012
引用元:中村仁一 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%9D%91%E4%BB%81%E4%B8%80