『もう、きみには頼まない』石坂泰三『運を天に任すなんて』中山素平『粗にして野だが卑ではない』石田礼助


次の城山三郎の小説と
描かれている実業家の
正しい組み合わせを選びなさい
もう、きみには頼まない───石坂泰三
運を天に任すなんて───中山素平
粗にして野だが卑ではない───石田礼助
26%

第一生命、東芝社長を歴任、昭和31年〜43年、経団連会長を務め、高度成長期の経済界をリードした“財政総理”石坂泰三を描く長篇

引用元:文春文庫『石坂泰三の世界 もう、きみには頼まない』城山三郎 | 文庫 – 文藝春秋BOOKS http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167139230

「財界の鞍馬天狗」「日本の羅針盤」の異名をもつ中山素平は、日本の経済復興を語る上で欠かせない銀行マンである。
GHQの興銀無用論を突っぱねて興銀中興の祖となり、海運業界の再編、山一証券への日銀特融、八幡・富士製鉄の合併など、難事解決にあたり名を馳せた。
辛辣な発言、粘り強い交渉と巧みな根回し。
リーダーが備えるべき人心掌握の術を豊富なエピソードで描く傑作評伝。

引用元:BookWebPro 和書検索 http://bookwebpro.kinokuniya.co.jp/wshosea.cgi?W-NIPS=9976749589&REFERER=0

三井物産に三十五年間在職、華々しい業績をあげた後、七十八歳で財界人から初めて国鉄総裁になった“ヤング・ソルジャー”の堂々たる人生を描く大ベストセラー長篇。(佐高信)

引用元:文春文庫『石田禮助の生涯 「粗にして野だが卑ではない」』城山三郎 | 文庫 – 文藝春秋BOOKS http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167139186