『エナメルを塗った』きせかえ『フリッカー式』うってつけ『水没ピアノ』ひきもどす


次の文字列を組み合わせて
作家・佐藤友哉の
作品のタイトルにしなさい
エナメルを塗った魂の比重───鏡稜子ときせかえ密室
フリッカー式───鏡公彦にうってつけの殺人
水没ピアノ───鏡創士が引き戻す犯罪
41%

佐藤 友哉(さとう ゆうや、1980年12月7日 – )は日本の小説家。北海道千歳市出身。ミステリーやホラー、ヤングアダルトの定石を意図的に逸脱させたエンターテイメント小説でデビューしたが、近年では純文学をメインに活動している。

>北海道千歳北陽高等学校卒業後、フリーターを経て2001年『フリッカー式 鏡公彦にうってつけの殺人』で第21回メフィスト賞を受賞。第3作『水没ピアノ』まで重版されておらず、担当編集者の太田克史に「重版童貞」と呼ばれ、売り上げが芳しくないために続編を出せないと宣告されていた。第4作『クリスマス・テロル』が重版、後にはじめの二作も3作目以降同様笹井一個のカヴァーイラストで新装され増刷となる。

>2007年、『1000の小説とバックベアード』が第20回三島由紀夫賞を史上最年少受賞。『灰色のダイエットコカコーラ』で再び野間文芸新人賞候補(第29回)となった。
2011年、『デンデラ』が映画化。主演を浅丘ルリ子が務めた。監督の天願大介は『楢山節考』を監督した今村昌平の息子。2011年6月25日から全国で公開された。著作が映像化されたのはこれが初である。
引用元:佐藤友哉 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E8%97%A4%E5%8F%8B%E5%93%89


メフィスト賞 三島由紀夫賞 W受賞作家の衝撃作!
密室で惨劇の幕が開く!

コスプレする少女と同人誌に燃える少女。凄絶ないじめを受ける少女といじめる少年。そして人肉しか食べられなくなってしまった少女! 彼女たちの中に美しい転校生がやってきた日、惨劇の幕が開かれる。密室に捨て置かれた血塗(ちまみ)れの死体は錯綜する事件の序章に過ぎない。美少女学園ミステリーの最果て作!
引用元:『エナメルを塗った魂の比重 鏡稜子ときせかえ密室』(佐藤友哉):講談社文庫|講談社BOOK倶楽部 http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062758321


暗黒のグルーヴが炸裂するメフィスト賞受賞作、ついに文庫化
殺意が完成した。簡単ですね。

妹が首を吊った、とイカレた母親からの電話。愉快そうな侵入者は、妹の陵辱ビデオを見せたうえ、レイプ魔たちの愛娘がどこにいるか教えてくれる。僕はスタンガンを手に捕獲を開始。でも街には77人の少女を餌食にした〈突き刺しジャック〉も徘徊していた――。世界を容赦なく切り裂くメフィスト賞受賞作!
引用元:『フリッカー式 鏡公彦にうってつけの殺人』(佐藤友哉):講談社文庫|講談社BOOK倶楽部 http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062753197


佐藤友哉の最高傑作!波乱を呼ぶ文庫化

工場で働く単調な日々に鬱々とするヒキコモリ気味の青年。少女を見えない悪意から護り続ける少年。密室状況の屋敷内で繰り広げられる惨殺劇。別々に進行する3つの物語を貫くものは、世界を反転させる衝撃の一文と、どこまでも深い“愛”である。なぜピアノは沈んだのか?著者渾身の戦慄純愛ミステリー!
引用元:『水没ピアノ 鏡創士がひきもどす犯罪』(佐藤友哉):講談社文庫|講談社BOOK倶楽部 http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062760225