有栖川有栖『モロッコ水晶の謎』『スウェーデン館の謎』『マレー鉄道の謎』


次の小説を、作者ごとに
グループ分けしなさい
【有栖川有栖】モロッコ水晶の謎、スウェーデン館の謎、マレー鉄道の謎
【エラリー・クイーン】スペイン岬の謎、エジプト十字架の謎、オランダ靴の謎、フランス白粉の謎
32%


政界のボスとして著名な上院議員のまだ生温かい死体には、ナイフが柄まで刺さっていた。被害者のまわりには多くの政敵と怪しげな人物がひしめき、所有物の中から出てきた1通の手紙には、被害者はなぜ裸になっていたのだろうか? 魅惑的で、常軌を逸していて、不可解な謎だらけの事件――と作者が自讃するこの難事件に対決する、エラリー・クイーンの精緻きわまる名推理!
引用元:スペイン岬の謎 – エラリー・クイーン/井上勇 訳|東京創元社 http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488104139


誘拐、連続予告殺人、毒殺!有栖川本格の鮮やかな論理!
火村&有栖に絶妙コンビがさらに飛翔する!

推理作家・有栖川有栖の眼前で起きた毒殺事件に、臨床犯罪学者・火村英生(ひむらひでお)が超絶論理で挑む表題作ほか、クリスティの名作「ABC殺人事件」をモチーフに書かれた、連続挑戦予告殺人を追う「ABCキラー」、誘拐殺人の陰に潜む悲劇を描く「助教授の身代金」など、研ぎ澄まされた論理が光る有栖川本格全4編を収録。
引用元:『モロッコ水晶の謎』(有栖川有栖):講談社ノベルス|講談社BOOK倶楽部 http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784061824188


クリスマスの寒村で起きた、丁字路にあるT字形の道標に、首を切断されたT字型の死体がはりつけにされる酸鼻な殺人。半年後、遠く離れた土地で第二の首なし殺人が発生したのを知ったエラリーは、ただちに駆けつけ捜査に当たる。〈国名シリーズ〉第五弾は、残酷な連続殺人に秘められた驚天動地の真相を、名探偵が入神の推理で解き明かす、本格ミステリの金字塔。解説=山口雅也
引用元:エジプト十字架の謎 – エラリー・クイーン/中村有希 訳|東京創元社 http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488104405


ミステリ作家・有栖川有栖が取材で訪れた雪深い裏磐梯(うらばんだい)には、地元の人々からスウェーデン館と異名をとるログハウスがあった。彼は珍客として歓待されるが、深い悲しみを湛えた殺人事件に遭遇する――。有栖と犯罪臨床学者・火村英生の絶妙コンビが、足跡のない殺人事件に挑戦! 大好評〈国名シリーズ〉の第2弾!
引用元:『スウェーデン館の謎』(有栖川有栖):講談社ノベルス|講談社BOOK倶楽部 http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784061818521


今だからこそ問う真正面の「本格」!

マレー半島を訪れた推理作家・有栖川有栖と臨床犯罪学者・火村英生を待ち受ける「目張り密室」殺人事件!外部へと通じるあらゆる隙間をテープで封印されたトレーラーハウス内の死体。この「完璧な密室」の謎を火村の推理は見事切り伏せられるのか?真正面から「本格」に挑んだ、これぞ有栖川本格の金字塔!
引用元:『マレ-鉄道の謎』(有栖川有栖):講談社ノベルス|講談社BOOK倶楽部 http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784061820272


〈オランダ記念病院〉の創設者である大富豪ドールン老婦人が、緊急手術の直前に針金で絞殺された。たまたま病院に居合わせた作家エラリーの指図で事件現場はただちに保存されるが、検証を進め関係者の証言を総合しても、手術着姿の犯人の正体は皆目つかめない。やがて再び病院内で殺人が発生する……! 犯人当てミステリの最高峰として歴史に名を刻む〈国名シリーズ〉第三弾。解説=法月綸太郎
引用元:オランダ靴の謎 – エラリー・クイーン/中村有希 訳|東京創元社 http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488104382


五番街にある〈フレンチズ・デパート〉のウィンドウに展示された寝台から、女性の死体が転がり出た。被害者はデパートの取締役会長の後妻。遺体のくちびるには口紅が塗りかけで、所持していた別の口紅からは謎の白い粉が発見される……。この怪事件から唯一無二の犯人を導き出す、エラリーの名推理。巨匠クイーンの地位を不動のものとした〈国名シリーズ〉第二作。解説=芦辺拓
引用元:フランス白粉の謎 – エラリー・クイーン/中村有希 訳|東京創元社 http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488104375