SFC、カルピスウォーター、Jリーグカレー、Win95、たまごっち、キシリトール


次の1990年代の
国内のヒット商品を
初登場した順に選びなさい
スーパーファミコン 1990
カルピスウォーター 1991
Jリーグカレー 1993
ウィンドウズ95 1995
たまごっち 1996
キシリトール・ガム 1997
64%


次の1980年代の
国内のヒット商品を
初登場したのが
早い順に選びなさい
ルービック・キューブ 1980
ファミリーコンピュータ 1983
写ルンです 1986
ドラゴンクエストIII 1988
ゲームボーイ 1989

1990年:ちびまる子ちゃん』がフジテレビ系列で放送開始。携帯・自動車電話のキャッチホンサービスが開始。
スーパーファミコン。大学入試センター試験開始。ティラミス。ダイヤルQ2。

1991年:「お立ち台」ディスコジュリアナ東京オープン。女優宮沢りえのヘアヌード写真集。ウォーリーをさがせ。
東京ラブストーリー。101回目のプロポーズ。

1992年:きんさん・ぎんさんブーム。冬彦さんブーム。日本人宇宙飛行士、毛利さんが宇宙へ。尾崎豊死去。
美少女戦士セーラームーン。学校週5日制スタート。

1993年:皇太子婚約・結婚。「コギャル」ブーム。「聞いてないよォ 」(ダチョウ倶楽部)デジタル携帯電話開始。
Jリーグ開幕。バブル崩壊。ポケベル普及。

1994年:松本サリン事件発生。「同情するなら金をくれ」「Jポップ」。セガサターン・プレイステーション発売。
イチロー効果。小室ファミリー。新世紀エヴァンゲリオン。

1995年:阪神淡路大震災。地下鉄サリン事件「ああ言えば上祐」が流行。ベル友。へそ出しルック。Windows95発売。

1996年:たまごっちブーム。ルーズソックス。アムラー。プリクラ登場。援助交際。エアマックス狩り。
ヒッチハイクで猿岩石がブレイク。

1997年:消費税5%に引き上げ。プリウス。アサヒ・スーパードライ。キシリトール。タイタニック。失楽園。
アニメで失神者続出。もののけ姫。

1998年:X JAPANのHIDEが事故死。「だっちゅーの」(パイレーツ)。「環境ホルモン」。長野オリンピック。
明石海峡大橋開通。FIFAワールドカップフランス大会開催。

1999年:iモードサービス。2000年問題。だんご3兄弟。宇多田ヒカルのファーストアルバムが700万枚突破。ガングロ。
引用元:1990年代流行(出来事) | 年代流行 http://nendai-ryuukou.com/1990/

スーパーファミコン(SUPER Famicom)は、任天堂が1990年(平成2年)11月21日に日本国内で発売した家庭用ゲーム機である。ファミリーコンピュータの後継機として発売された。本項では欧米版の「Super Nintendo Entertainment System」や韓国版の「スーパーコンボイ」などについても併記する。
引用元:スーパーファミコン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%9F%E3%82%B3%E3%83%B3

カルピスウォーター(Calpis Water)は、カルピス株式会社(二代目法人)が製造し、アサヒ飲料が販売する乳清飲料。

1991年に当時のカルピス食品工業株式会社より発売された。
同社の主力商品でもあるカルピスは濃縮されているものであり、飲用時には希釈する手間がかかるが、単純に水で希釈したものは時間経過により粒子の凝集・沈澱などの劣化が生じるため、1919年以来濃縮タイプのみ発売され、その後も1973年に炭酸飲料タイプ(カルピスソーダ)が発売されているのみであった。
その後の技術進歩により、粒子径を濃縮タイプの2.07マイクロメートルから0.25マイクロメートルに細かくし[1]、鮮度保持のため窒素ガスを封入することにより炭酸飲料ではない、本品の商品化が実現した。
発売開始時のCMのキャッチコピーは「遅くなってごめん」。「遅い」に関連してCMには当初カメのキャラクターが使われた。本来、存在しない方がおかしい商品だったため、年間500万ケース突破でヒットと呼ばれる清涼飲料水業界において、2000万ケースを超える出荷を達成し、1991年のヒット商品番付にランクされる史上空前のヒット作となった。
引用元:カルピスウォーター – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%94%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC

Jリーグカレー(ジェイリーグカレー)は、かつて永谷園によって製造・販売されていたレトルトカレーの商品名。

1993年のJリーグ発足および開幕に際し販売を開始した商品で、ビーフ味のカレーにおまけとしてJリーグ選手のシールがついていた。甘口、中辛、辛口の三種類があり、パッケージ色は甘口が黄、中辛が赤、辛口が黒であった。

>サッカー少年のマサオがカレーを食べた瞬間ラモス瑠偉に変身するという、当時の最先端のCGを使った内容のCMが放送当時話題となった。
引用元:Jリーグカレー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/J%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%BC

Windows 95(ウィンドウズ きゅうじゅうご)は、Microsoft Windows 3.1の後継として、マイクロソフトが1995年に出したオペレーティングシステム (OS) である。正式名称はMicrosoft Windows 95 Operating Systemである。
Microsoft Windows (Windows) ファミリーの1つであり、コードネームはChicago。Windowsの内部バージョンは4.0(初期版)である。

リリース[編集]
1995年8月25日に英語版が12か国で先行して発売され、日本語のベータ版もリリースされていたことから、日本でもある程度の情報が広まっていた。日本語版の発売された1995年11月23日(勤労感謝の日)の秋葉原などでは、11月23日になった瞬間に深夜販売を始める店が多く、業界関係者や報道陣を中心に一種のお祭り騒ぎの様相を呈した。この様子はテレビなどで報道され売り上げに貢献した。 Windows 95は先行してリリースされていたWindows NTに比べると安定性や信頼性に劣り、技術的には不完全なものであった。しかし、従来のWindows 3.1よりも使い勝手が改良され、Windows 95はユーザー・市場のニーズをよく読んでそれに応えるという現実的な解を提供し、マーケティングの成功といえた。これにより、Windows 95はデスクトップOSの事実上の標準となり、PC-9800シリーズ、FM TOWNSなどのx86ベースの独自プラットフォームのパソコンはPC/AT互換機に吸収されていった。
引用元:Microsoft Windows 95 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/Microsoft_Windows_95

たまごっちは1996年11月23日にバンダイから発売されたキーチェーンゲームであり、登場するキャラクターのことでもある。名称の由来は「たまご(Tamago)」と「ウオッチ(Watch、腕時計)」[1]。企画、開発は横井昭裕。
「たまごっち」のラテン文字表記は日本語版ではTamagotchまたはTamagotchi(iがついている)[注 1]。英語版ではTamagotchi。略称表記はTMGC。
引用元:たまごっち – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%9F%E3%81%BE%E3%81%94%E3%81%A3%E3%81%A1

1943年安定したキシリトールの結晶化に成功

1970年フィンランドのトゥルク市でキシリトールの歯の健康に関する研究開始

1975年キシリトール入りチューインガムがフィンランド、アメリカで発売

1983年WHO(世界保健機関)とFAO(国際食料農業機関)が安全性を確認

1988年フィンランド歯科医師会がキシリトールを推奨

1997年厚生省(現・厚生労働省)が食品添加物として認可、日本で一般食品販売開始。
“日本におけるキシリトール元年!”
引用元:キシリトールとは?|XYLITOL|お口の恋人 ロッテ https://www.lotte.co.jp/products/brand/xylitol/about.html