たちもりめぐみ日明恩『それでも、警官は微笑う』 『そして、警官は奔る』 『やがて、警官は微睡る』


次の日明恩の小説を
刊行順に選びなさい
『それでも、警官は微笑う』
『そして、警官は奔る』
『やがて、警官は微睡る』
30%

082kROcNrVgLX
1992年に西武ライオンズに入団
した異色の元やり投げ選手です
日明哲史
たちもりてつじ
引用元:「日月哲史」たちもりてつじ やり投げ出身の野球選手 「日明恩」たちもりめぐみ『それでも、警官は笑う』 「日月」熟字訓「一日ついたち」と「晦日・月隠つごもり」で「たちもり」 「日日」たちつか http://seethefun.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/9872/

日明 恩(たちもり めぐみ、1967年 – )は、日本の小説家・推理作家。神奈川県川崎市出身。日本女子大学卒業[1]。夫は、漫画家の青木たかお。

都筑道夫の小説講座に通い小説を書き始める[2]。大学病院で外科教授の秘書を勤める傍ら[3]、2002年、『それでも、警官は微笑う』(応募時のタイトルは「迎日」)で第25回メフィスト賞を受賞し、小説家デビューする。2003年、消防士を主人公にした『鎮火報 Fire’s Out』で第25回吉川英治文学新人賞候補。2012年、静岡県浜松市天竜区にある3高校[4]の生徒が、同年代に勧めたい1冊を選ぶ第4回天竜文学賞に『ギフト』が選ばれる[5]。

単行本[ソースを編集]
武本&潮崎シリーズ
それでも、警官は微笑う(2002年6月 講談社 / 2005年4月 講談社ノベルス / 2006年7月 講談社文庫 / 2011年1月 双葉文庫)
そして、警官は奔る(2004年2月 講談社 / 2007年2月 講談社ノベルス / 2008年8月 講談社文庫 / 2011年4月 双葉文庫)
やがて、警官は微睡る(2013年2月 双葉社)
引用元:日明恩 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%98%8E%E6%81%A9


製造元が不明の銃弾!
その裏にある巨悪とは

無口で無骨な巡査部長・武本と、話し出すと止まらない、年下の上司・潮崎警部補。2人は、特殊な密造拳銃の出所の捜査にあたる。たどり着いたのは5年前のある事件だった。覚醒剤乱用防止推進員の拳銃自殺。その背後に潜む巨悪とは? 軽快な筆致で描かれた、新世代の警察小説。

第25回メフィスト賞受賞作。
引用元:『それでも、警官は微笑う』(日明恩):講談社文庫|講談社BOOK倶楽部 http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062754576

『それでも、警官は微笑う』に続くシリーズ第2弾!
「この“どっぷり感”は病み付きになる。」――横山秀夫

警視庁蒲田署に異動となった武本は、不法滞在外国人を母に持つ幼女監禁事件を追った。一方、かつての上司、潮崎は、武本の力になりたい一心で、独自に事件の調査を始める。そして、浮き彫りになる子供の人身売買や虐待の現実。法律では裁ききれない闇に、2人はどのような光を当てるのか?シリーズ第2作。
引用元:『そして、警官は奔る』(日明恩):講談社文庫|講談社BOOK倶楽部 http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062761314