東野圭吾『宿命』『魔球』『秘密』『幻夜』『手紙』『分身』『卒業』『変身』横山秀夫『真相』『動機』『臨場』真保裕一『連鎖』 『取引』 『震源』 『密告』 『防壁』 『奪取』


次のうち、作家・東野圭吾の
作品を全て選びなさい
『動機』
『宿命』(答)
『真相』
『魔球』(答)
『秘密』(答)
『幻夜』(答)
『手紙』(答)
『分身』(答)
『卒業』(答)
『変身』(答)
43%


次のうち、作家・横山秀夫の短編集を全て選びなさい
『真相』(答)
『動機』(答)
『臨場』(答)

一問多答
次のうち、作家・真保裕一の
小説を全て選びなさい
『連鎖』(答)
『取引』(答)
『震源』(答)
『密告』(答)
『防壁』(答)
『奪取』(答)

一問多答
次のうち、作家・宮部みゆきの
作品を全て選びなさい
『火車』(答)
『理由』(答)
『楽園』(答)

東野 圭吾(ひがしの けいご、1958年2月4日 – )は、日本の小説家。大阪府大阪市生野区生まれ(本籍は東区玉造・現中央区)。本名同じ。

大学卒業後
その後、1981年に日本電装株式会社(現デンソー)に技術者として入社する。勤務の傍ら推理小説を書き、1983年に『人形たちの家』を第29回江戸川乱歩賞に応募する。結果は二次予選通過であった。この頃結婚するが、当時の妻の職業が女子高の非常勤教師であったため、『放課後』の主人公・前島を女子高勤務にすることを思いつく。
1984年の第30回乱歩賞では、『魔球』が最終候補作にまで残るも落選する。翌1985年に『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、小説家としてのキャリアをスタートさせる[1]。1986年には退職し、3月に上京、以後は専業作家としての道を歩むこととなる。
専業作家後
作家となってからは、著作が増刷されずに終わることも珍しくないなど、なかなかヒットに恵まれず、また文学賞に15回も落選するなど、厳しい時代が続いたが、1996年に『名探偵の掟』で『このミステリーがすごい!1997』の3位になるなど、にわかに注目を集め、1998年に『秘密』を刊行すると、一気に大ブレイクする。同書は映画・ドラマ化されたほか、第52回日本推理作家協会賞(長編部門)を受賞する。
引用元:東野圭吾 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E9%87%8E%E5%9C%AD%E5%90%BE


高校時代の初恋の女性と心ならずも別れなければならなかった男は、苦闘の青春を過ごした後、警察官となった。男の前に10年ぶりに現れたのは学生時代のライバルだった男で、奇しくも初恋の女の夫となっていた。刑事と容疑者、幼なじみの2人が宿命の対決を果すとき、余りにも皮肉で感動的な結末が用意される。
引用元:『宿命』(東野圭吾):講談社文庫|講談社BOOK倶楽部 http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784061854444