横山秀夫『動機』『真相』『臨場』


次のうち、作家・横山秀夫の
短編集を全て選びなさい
『動機』(答)
『盗聴』
『楽園』
『臨場』(答)
『真相』(答)
『奪取』
『取引』
『手紙』
『連鎖』
『卒業』
『震源』
41%

横山 秀夫(よこやま ひでお、1957年1月17日 – )は、東京都生まれの小説家・推理作家。

東京都立向丘高等学校、国際商科大学(現在の東京国際大学)商学部卒業。1979年上毛新聞社に入社。以後12年間記者として勤務。1991年「ルパンの消息」が第9回サントリーミステリー大賞佳作を受賞したことを契機に退社。以後フリーランス・ライターとして『週刊少年マガジン』にて漫画原作(ながてゆか作画『PEAK!』など)や児童書の執筆、警備のアルバイトなどをする。1998年に「陰の季節」で第5回松本清張賞を受賞し小説家デビュー。
2002年、『半落ち』が第128回直木三十五賞候補作となる。しかし、選考委員の北方謙三が、この小説中で重要な鍵となる要素について関係機関に問い合わせたところ「現実ではありえない」との回答を得て、北方は選考会でこの回答を報告、「半落ち」は現実味に欠けると批判され落選した(受賞作なし)。また本作が各種ランキングで1位になったことに対して、選考委員・林真理子が講評の記者会見で「欠陥に気づかず賞を与えた業界も悪い」とミステリー業界を批判し、のちに雑誌で「欠陥があるのに売れ続けるなんて、読者と作者は違うということ」と読者をも批判した。目黒考二は選考委員を非難し、「直木賞にそこまで権威があるのか」と論議が起こる。横山は、ミステリー作家たちだけでなく読者までもが侮辱されたと反論し、直木賞と訣別宣言をする。選考会での意見を受けて、横山は独自に再調査をし、設定のうえで事実誤認はなかったと確信し、直木賞を主催する日本文学振興会に事実の検証を求めたが、回答がないまま『オール讀物』の選評で、「作者による誤認」という点が修正されないまま掲載され、候補者からの質問に答えようとしない主催者に『権威のもつ驕り』を感じ取った横山は、直木賞との決別を宣言した[1][2]。同作品は2004年1月に映画化(佐々部清監督)され、横山は法廷記者としてエキストラ出演している。

引用元:横山秀夫 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E5%B1%B1%E7%A7%80%E5%A4%AB


各誌ベストテンを総ナメにした日本推理作家協会賞受賞作!
署内で一括保管される三十冊の警察手帳が紛失した。犯人は内部か、外部か……。男たちの矜持がぶつかりあうミステリ短篇四篇を収録
引用元:文春文庫『動機』横山秀夫 | 文庫 – 文藝春秋BOOKS http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167659028


臨場
横山秀夫/著

臨場――警察組織では、事件現場に臨み、初動捜査に当たることをいう。捜査一課調査官・倉石義男は死者からのメッセージを的確に掴み取る。誰もが自殺や病死と疑わない案件を殺人と見破り、また、殺人の見立てを「事件性なし」と覆してきた。人呼んで『終身検視官』――。組織に与せず、己の道を貫く男の生き様を、ストイックに描いた傑作警察小説集。全八編。
引用元:臨場 横山秀夫 | 光文社文庫 | 光文社 http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334743031


本の紹介 犯人逮捕は事件の終わりではない。そこから始まるもうひとつのドラマがある。──息子を殺された男が、犯人の自供によって知る息子の別の顔「真相」、選挙に出馬した男の、絶対に当選しなければならない理由「18番ホール」など、事件の奥に隠された個人対個人の物語を5編収録。人間の心理・心情を鋭く描いた傑作短編集。
引用元:株式会社双葉社 | 真相(シンソウ) | ISBN:4-575-51100-5 http://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/4-575-51100-5.html?c=40199&o=date&type=t&word=%E6%A8%AA%E5%B1%B1%E7%A7%80%E5%A4%AB