ディプティック


1961年にパリで創業した
フレグランスブランド
ディプティック(答)
Diptyque
24%

『ディプティック』とは1961年にパリのサンジェルマン大通りで産声を上げたブランド。フランスの国立美術学校出身であるクリスチャンヌ・ゴトロ氏とデスモンド・ノックス=リート氏、イヴ・クエロン氏の3名によって設立されました。創設当初はインテリア雑貨を扱っていましたが、1963年にオリジナルのアロマキャンドルを発表すると瞬く間に評判を呼びました。1968年にリリースしたオードトワレも好評を博したことから、それ以後はキャンドル&フレグランスをメインアイテムとするように。現在はセレブ御用達のブランドに成長を遂げ、欧州や米国、日本など世界各国で愛されています。
引用元:贈り物にも最適!ディプティックの香水とキャンドル | メンズファッションマガジン +CLAP Men https://mens.tasclap.jp/b00135-%83f%83B%83v%83e%83B%83b%83N/a1837-%91%A1%82%E8%95%A8%82%C9%82%E0%8D%C5%93K%81I%83f%83B%83v%83e%83B%83b%83N%82%CC%8D%81%90%85%82%C6%83L%83%83%83%93%83h%83%8B

Diptyque is a Paris-based luxury goods company that produces a high-end line of scented candles, perfumes, face and body care. The name Diptyque is from Ancient Greek δίπτυχος (díptykhos) and refers to a painting or sculpture composed of two panels.

History[edit]
Founded in 1961 by three friends (painter Desmond Knox-Leet, set designer Yves Coueslant, and Christiane Gautrot, who was working in an architecture firm), Diptyque originally produced printed fabrics, but in 1963 they introduced a line of scented candles which eventually became the focus of their business. There are now over fifty scented candles in the product line.
引用元:Diptyque – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Diptyque

ディプティク(またはディプティック、ディプティカ、二連板、対幅形式、diptych, 国際音声記号:[ dip’tik], アメリカ英語:[ ‘dɪp.tɪk ])は、古代ローマの二つ折りの書字板や二連祭壇画など、蝶番で繋がった2枚の平板を持つあらゆるものを指す。語源はギリシア語のδίπτυχο [ ði’pti.xo ] で、di-(2)+ptychē(折り重なる)。古代世界では、ノートの記録や時間・方角を計るのに大変重宝された。また、ディプティクという言葉はテーマがリンクする連続した2冊の本(二部作)を比喩的に言う時にも用いられる。
引用元:ディプティク – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%97%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%AF