外国人と愛称 音韻変化 マーガレット「メグ」「ペギー」 メアリー「ポリー」 ウィリアム「ビル」 ロバート「ボブ」

004xQeypSxlHp
つぎの外国人に対する愛称を
正式な名前ごとに
グループ分けしなさい

マーガレットキャサリンエリザベス
メグ
キティ
ケイト
ペギー
ベティ
リズ

102AocBcnPGIn
次のファーストネームと
それに対応する愛称の
正しい組み合わせえを選びなさい
マーガレット───メグ
メアリー───ポリー
エリザベス───ベス

英語人名の短縮形(えいごじんめいのたんしゅくけい)では、英語圏における伝統的な人名に用いられる短縮形について述べる。
>注意しなければならないのは、英語圏では短縮形も本名と同様に扱われることがあるものであって、通称や愛称(あだ名)とは性質が異なるものである、ということである。
>ちなみにビル・クリントンのホワイトハウス時代の愛称(あだ名)は「ババ(Bubba)」であった。したがって彼は、
正式名(本名):William Jefferson Clinton
短縮形(本名):Bill Clinton
愛称(あだ名):Bubba(南部アメリカ英語で「兄貴」)
ということになる。
また格闘家のボブ・サップの場合は、
正式名(本名):Robert Malcolm Sapp, Jr.
短縮形(本名):Bob Sapp
愛称(あだ名):The Beast(「野獣」)
ということになる。
>atherine ♀
(キャサリン) Cate(ケイト), Cathy, Cassie(キャシー), Cath(キャス)
>Margaret ♀
(マーガレット) Maggi, Maggy(マギー), Meg(メグ), Peg(ペグ), Peggy(ペギー)
>Elizabeth ♀
(エリザベス) Beth(ベス), Betty(ベティー), Betsy(ベッツィー), Lillian(リリアン), Liz(リズ), Liza(ライザ), Lisa(リサ)
引用元: 英語人名の短縮形 – Wikipedia.

マーガレットがペギーになり、ロバートがボブになるのはすべて口頭上の変遷なので、明確に理由付けることはされないでしょう。しかし、音韻論的なアプローチとしては、
Robert → Rob → Bob の変遷が理解できれば、マーガレットも説明はつきます。/R/と/B/は音声学的にはともかくこの変遷はよくある例のひとつです。give → gim となるのと似ています。マーガレットにつていは、
Margaret → Marg → Meg → Peg → Peggy
の変遷経緯がBobの場合と同じように説明されます。
引用元: Margaret(マーガレット)の愛称Margaret(マーガレット)の愛… – Yahoo!知恵袋.

Molly とも言います。M も P も唇で発音する音で似ています。 R と L も日本語では同じラ行になるようによく似ています。
Dorothy, Harold も Doll, Hal と R⇒L に変わっています。
M⇒Pの例としては Margaret ⇒ Peggy もあります。
他に R⇒D Richard⇒ Dick, R⇒B Robert⇒ Bob
引用元: Mary (メアリー)の別称は、なぜPolly (ポリー)なのでしょうか?http://d… – Yahoo!知恵袋.