薄力粉「天ぷら」「ケーキ」 中力粉「うどん」「お好み焼き」 強力粉「中華めん」「パン」

001uVRbHPvlXv
次の食品を
一般に作るのに最も適する
とされている小麦粉の種類ごとに
グループ分けしなさい

薄力粉中力粉強力粉
天ぷら
中華めん
うどん
パン
ケーキ

CIMG5402
パンを作るのに
適した小麦粉は
強力粉である

×薄力粉

小麦粉(こむぎこ)とは、小麦を挽いて作られた穀粉である。英語ではwheat flour(ウィート・フラワー)と呼ぶが、穀物の中でも最も多く製粉されるため単にflourと呼ぶことが多い。
>強力粉[編集]
強力粉(きょうりきこ)はタンパク質の割合が12%以上のもので、パン・中華麺・学校給食で出てくるソフト麺等に使われる他、国産の一部乾燥パスタは粗挽きの強力粉を用いて作られる。主にアメリカ・カナダ産の硬質小麦(パンコムギ)を使用している。焼くと硬い仕上がりになるので洋菓子には向かない。英語圈の分類ではbread flourがこれに近い。
>中力粉[編集]
中力粉(ちゅうりきこ)はタンパク質の割合が9%前後のものでうどんによく使われるほか、お好み焼き、たこ焼きなどに用いる。主にオーストラリア・国内産の中間質小麦を使用している。強力粉と薄力粉を混ぜれば性質は中間になるため中力粉の代用とすることができるが、本来の中力粉とは加工特性がやや異なるため工夫を要する。
>薄力粉[編集]
薄力粉(はくりきこ)はタンパク質の割合が8.5%以下のものでケーキなどの菓子類・天ぷらに使われる。主にアメリカ産の軟質小麦を使用している。タンパク質の含有量を抑えれば抑えるほど繊細な仕上がりになるので、含有量を減らした、主に製菓に使われる超薄力粉も存在する。また、乾燥パスタ原料からの連想で誤解されがちなのであるが、卵を用いて生パスタを作る場合に使われるのは薄力粉である。英語圏の表記ではcake flourがこれに近い。
>主に小麦粉を使って作る食品[編集]
強力粉
パン、パン粉、ラーメン、ジャイアントクスクス
中力粉
うどん、素麺、冷や麦、お好み焼き、たこ焼き、餃子の皮
薄力粉
ホットケーキ、クッキー
浮き粉
明石焼き
全粒粉
パン、クッキー、ビスケット
セモリナ粉
パスタ、クスクス
パスタに使われる粉は粗挽きである。
引用元: 小麦粉 – Wikipedia.