オンシジウム


黄色い蝶が集団で飛んでいる
様を思わせる華やかな洋蘭
オンシジウム(答)
46%

オンシジューム(Oncidium)あるいはオンシジウムは中南米を中心に分布する、約400種を含むラン科の大属。樹上で着生生活を営む。洋ランとしても広く親しまれる。
引用元:オンシジューム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A0

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


オンシジウムとは

およそ400種が中南米の熱帯・亜熱帯地域に広く分布するランの仲間です。自生する環境は低地~標高3500mの高地と種によって様々で、姿形も変化に富みます。大半は樹上に根を張り付かせて生活しますが、まれに地面に根を下ろす種もあります。草姿・大きさ・花姿・開花時期・性質などは「種によって様々」 で、園芸的にも初心者向きから経験者向きまであります。近年は分類体系が大きく見直されており、一部の種はオンシジウム属から分離されて新たに設けられたサイコプシス属やトリコセントラム属などに分類されています。また、他の属がオンシジウム属に統合されるなど入れ替えが激しいです。
名前はギリシア語のオンキディオン(onkidion:小さなこぶ)にちなみ、花の一部に小さな突起があることに由来します。
オンシジウムに近い属に、ブラッシア、ミルトニア、オドントグロッサム、イオノプシス、アダ、コクリオダなどがあり、それらと掛け合わせた属間交配種もたくさんあります。
引用元:オンシジウムとは|ヤサシイエンゲイ http://www.yasashi.info/o_00002.htm