酒田市「庄内空港(酒田市と鶴岡市)」「山居倉庫」


庄内空港
本間美術館
山居倉庫
土門拳記念館
東根市
酒田市(答)
鶴岡市
南陽市
58%


庄内空港
丸岡城
八乙女浦
出羽三山
鶴岡市(答)


1983年にオープンした
日本で最初となる写真美術館は
木村伊兵衛記念館である
×(答)
◯土門拳記念館

庄内空港(しょうないくうこう、英: Shonai Airport)は、山形県庄内地方の酒田市と鶴岡市に立地する地方管理空港である。ターミナルビルは酒田市に所在している。愛称は、「おいしい庄内空港」である。
引用元:庄内空港 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%84%E5%86%85%E7%A9%BA%E6%B8%AF

本間美術館(ほんまびじゅつかん、Homma Museum of Art)は、山形県庄内地方の大地主であった本間家が収集した品を保管、展示する山形県の登録博物館。運営は、公益財団法人本間美術館。収集品を展示する美術館としてのみならず、京風の純和風建築「清遠閣」、庭園「鶴舞園」による庭園美術館としての性質も持つ。庭園の片隅にある窯では、民芸品である本間焼が造られている。

>1947年5月、戦後初の私立美術館として本間家別荘の木造二階建ての建物と19,800平方メートルの庭園の開放を受け開館する[1]、運営は本間家の係累のほか、地元の有志らによって立ち上げられた「酒田美術協会」が担い[2]、初代館長には日本刀研究の第一人者として知られる本間順治が就任した。
引用元:本間美術館 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E9%96%93%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8

山居倉庫(さんきょそうこ)は、山形県酒田市にある米穀倉庫(2重屋根・倉の内部は湿気防止構造・ケヤキ並木と自然を利用した低温管理倉庫) である。

沿革[編集]
明治26年(1893年)、酒田米穀取引所の付属倉庫として旧庄内藩酒井家により当時の鵜渡川原村に建設され、同年11月1日開業。管理・運営も酒井家が行った。昭和14年(1939年)に取引所は米穀配給統制法によって廃止されたが、倉庫は引き続き財団法人北斗会、庄内経済連、全国農業協同組合連合会庄内本部(JA全農庄内)と所轄を移しながら現在も運用されている。
平成19年(2007年)時点で12棟が残る。うち1棟が「庄内米歴史資料館」、2棟が「酒田市観光物産館 酒田夢の倶楽(くら)」として一般開放されている。
引用元:山居倉庫 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%B1%85%E5%80%89%E5%BA%AB

土門拳記念館(どもんけんきねんかん、Ken Domon Museum of Photography)とは、土門拳(1909年 – 1990年)の写真作品を所蔵・研究・展示するための酒田市立の美術館。日本最初の写真専門の美術館として、7万点におよぶ土門作品のすべてを所蔵している。
引用元:土門拳記念館 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%9F%E9%96%80%E6%8B%B3%E8%A8%98%E5%BF%B5%E9%A4%A8