「カリナンⅠ」「コーイ・ヌール」




次の有名なダイヤモンドのうち
現在、ロンドン塔に陳列されて
いるものを全て選びなさい
ホープ スミソニアン博物館
リージェント ルーブル美術館
カリナンⅠ(答)
コーイ・ヌール(答)
サンシー ルーブル美術館
ユーレカ キンバリー金鉱博物館
48%
ゴロ「過去」の栄光ダイヤモンド


次の歴史上有名なダイヤモンドと
それが展示されている場所の
正しい組み合わせを選びなさい
ホープ───スミソニアン博物館
ユーレカ───キンバリー金鉱博物館
リージェント───ルーブル美術館
偉大なアフリカの星───ロンドン塔


次のうち、ダイヤモンドの
カラーグレードで
「無色透明」を表すものを
全て選びなさい
D(答)
E(答)
C
F(答)

タイピング
カットされたダイヤモンドの真上から見える部分全体を表す宝石用語は「◯◯◯◯」?◯を答えなさい
クラウン(答)

ですが、真下から見える部分全体を表す宝石用語は「◯◯◯◯◯」?◯を答えなさい
パビリオン(答)

The Great Star of Africa(偉大なアフリカの星)

有名なダイヤモンド01
カリナンI世とも呼ばれ、ロンドン塔で永久展示されています。サイズは530.20カラット。

史上最大と言われるカリナン原石は、1905年に南アフリカのカリナン鉱山で発見され、サイズはなんと3106カラット(621.2g)もありました。

贈呈された時のイギリス国王、エドワード7世がカットを命じ、9個に分けられました。その内最大のものがカリナンI世。

ちなみに原石をカットした技師は、極度の緊張のあまり失神したそうです。

コ・イ・ヌール

有名なダイヤモンド02
1304年にインドで発見され、王家に引き継がれてきたコ・イ・ヌール。かつては世界最大のダイヤモンドでした。サイズは105カラット(21.6g)。ロンドン塔に展示。
引用元:輝きは永遠…世界の最も有名な10のダイヤモンド:らばQ http://labaq.com/archives/51449122.html

有名な宝石の一覧(ゆうめいなほうせきのいちらん)は、その巨大さ、エピソードなどによって有名となった宝石の一覧。なお斜体字は宝石の固有名ではなく、ある一定の特徴を示すタイプを示す。

カリナン Cullinan Diamond
原石3,106.75carat (621.35 g)。世界一巨大なダイヤモンド原石。これからカットされた石の多くはイギリス王室へ寄贈された。右写真はガラス製の複製品。
Koh-i-Noor old version copy.jpg
コ・イ・ヌール Koh-i-Noor
紆余曲折あって現在は105.60carat (21.12 g)。世界最古といわれる長い来歴を持つダイヤモンド。イギリス王室所蔵。
右写真はガラス製の複製品。

サンシー Sancy
55.23carat (11.05 g)。インド産のやや黄味がかったダイヤモンド。かつてのフランス王室所蔵品で現在はルーブル美術館が所蔵。

ホープ・ダイヤモンド Hope Diamond
45.52carat (9.10 g)。色はサファイアを思わせる濃いブルー。呪いの宝石として有名。スミソニアン国立自然史博物館所蔵。

リージェント Regent Diamond
140.64carat (28.13 g)。ルイ14世の摂政(リージェント)だったオルレアン公フィリップが持っていたところからこの名が付いた。その後ルイ15世、ルイ16世、ナポレオン1世の手を渡り歩く。ナポレオンがこの石を剣に装着していた肖像画が残っている。ルーブル美術館に所蔵されている。
引用元:有名な宝石の一覧 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E5%90%8D%E3%81%AA%E5%AE%9D%E7%9F%B3%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7