京都大学「11月祭」東京大学「五月祭(ごがつさい)」


京都大学で毎年開催される
関西最大級の規模である
学園祭の名前は?
10月祭
12月祭
11月祭(答)
9月祭
49%

エフェクト
毎年5月に開催される東京大学の学園祭です
五月祭
ごがつさい(答)

京都大学11月祭(きょうとだいがく11がつさい)は京都大学において例年11月下旬に4日間行われる学園祭。英語での名称は直訳である「November Festival」。略して「NF」、あるいはそのまま「11月祭」と呼ばれることが多い。

開催場所は大学キャンパスとしては有数の広さを誇る京都大学吉田キャンパス内吉田南構内および本部構内である。そのため学園祭の規模は「関西最大級」と喧伝(けんでん)されることが多いが、入場者数、模擬店の店舗数等の客観的な数値に基づいているわけではなく、単に模擬店の数や1日の来場者数ではこれを上回る大学祭もある。ただし4日間開催されることや、模擬店や音楽イベントだけでなくその他の各種イベントや展示企画も多彩であることも事実である。
運営に係る経費の大半は京都大学11月祭公式パンフレットに掲載される企業広告の掲載料で賄われており、例年、各企業に広告出稿を依頼している。公式パンフレットに掲載されている広告は、大学周辺にある飲食店のものから京阪神地域や東京等にある大企業のものまで多岐にわたっている。また、多くの大学祭は大学祭公式パンフレットを無料で配布しているが、当大学祭は200円の有料販売である。それでも企画が多彩であることなどから有料でも購入する来場者が多い。
引用元:京都大学11月祭 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%A4%A7%E5%AD%A611%E6%9C%88%E7%A5%AD

五月祭

大正2年5月5日に行われた第1回大園遊会が起源とされる歴史ある学園祭で、5 月中~下旬の土・日曜日に、
本郷地区キャンパスで開催されます。
本学学生の自主的な学術・文化活動の場として、各学部等を代表する学生有志による五月祭常任委員会が、
大学側との協議に基づいて企画・運営を行っています。
引用元:五月祭 | 東京大学 http://www.u-tokyo.ac.jp/stu01/h10_01_j.html

五月祭[編集]
五月祭(ごがつさい、May Festival)は東京大学本郷キャンパス(弥生地区も含む)で開催される大学祭。五月祭常任委員会により開催されている。例年5月末の土日の2日間にかけて開催されている。五月祭の起源は、1923年5月5日に東京帝国大学で催された第1回大園遊會であり、その後、全学大懇親會、全学公開と名称が変わり、1933年に現在の名称になった。
引用元:東京大学 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E5%AD%A6