国分一太郎


『リンゴ畑の四日間』や
『鉄の街の少年』などの作品で
知られる児童文学作家は?
国一太分郎
国分一太郎(答)
こくぶんいちたろう
41%

国分一太郎
こくぶんいちたろう
(1911―1985)

児童文学作家、評論家。山形県に生まれ、山形師範学校を卒業。教員生活中、非合法な組合運動で検挙される。第二次世界大戦後、現在の日本児童文学者協会設立(1946)、日本作文の会結成(1950)に参加する。『鉄の町の少年』(1954)、『リンゴ畑の四日間』(1956)など、民主主義的人間像確立の過程をわかりやすく読みやすい物語で描き、若い作家たちに大きな影響を与えた。また『生活綴方(つづりかた)読本』(1957)などで綴方運動にも主導的役割を果たす。[神宮輝夫]
『『国分一太郎児童文学集』全6巻(1967・小峰書店) ▽『国分一太郎文集』全10巻(1983~85・新評論)』
引用元:国分一太郎(こくぶん いちたろう)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%9B%BD%E5%88%86%E4%B8%80%E5%A4%AA%E9%83%8E-1074585