「ザバイオーネ」Zabajone


卵黄に砂糖を加えて泡立てた
クリームに、ワインなどの
お酒を加えて煮詰めて作る
イタリアのデザートは?
ネーオバザイ
ザバイオーネ(答)
Zabajone
37%

ザバイオーネ(イタリア語: Zabajone)は、イタリア・ピエモンテ名物のデザートである[1]。フランスでは「サバイヨン」(フランス語: Sabayon)と言う[2]。

卵黄に砂糖を加え、泡立て、温めながら、マルサラワイン、シェリー酒、白ワインなどの洋酒を加えて煮詰めたカスタードクリームで、デザートとしてそのまま食べる[5]。また、洋菓子用のソースとして、ティラミスなどに用いることもある[6]。 ピエモンテではザバイオーネがソースのように多量にかけられたヘーゼルナッツのトルタが食べられている[3]。
また、ロンバルディア州ではパネットーネに添えられる。
引用元:ザバイオーネ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%8D

ザバイオーネとは、

ワインの生産地として有名であるイタリア生まれのものです。

カスタードクリームの「粉類」・「牛乳」を使っていないクリームとイメージしてみてください。

主な材料は、「たまご・砂糖・マルサラ酒(洋酒)」これらを温めてふわっとしたソース状にしたものです。

デザートとしてそのまま頂くこともあり、洋菓子用のソースとしてティラミスなどに用いられることもあります。

たまごのコクとふわふわの食感、洋酒の香りが一度に口に広がるのが

ザバイオーネの特徴です!

濃厚なプリンのようでお酒の後味がとってもおいしいデザートです。

実は、ご自宅でもこのザバイオーネは簡単に作れてしまうのです!

それでは、レシピをご紹介致します!

☆材料☆

・紅花たまご・・・2個(卵黄を使用します)

・砂糖・・・・・・大さじ2

・白ワイン・・・・大さじ1

1.卵黄と砂糖を混ぜます。砂糖の粒がなくなるまで念入りに混ぜましょう。

2.卵黄と砂糖を混ぜ合わせたものに、白ワインを加え混ぜ合わせます

3.容器の底からかき混ぜながら湯煎にかけていきます。

ポイント

卵黄全体の温度が均一になるように混ぜるようにしましょう!

4.卵黄がふわっとして、なめらかになったらできあがり!

ポイント

とろみがついてきたら、徐々に固まってきてしまうので、少し早めのところで湯煎から外しましょう。
引用元:大人のデザート♪ザバイオーネをご紹介! | スタッフブログ http://www.yamada-egg.com/blog/item/%E5%A4%A7%E4%BA%BA%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%88%E2%99%AA%E3%82%B6%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%82%92%E3%81%94%E7%B4%B9%E4%BB%8B%EF%BC%81/