『インスマウスの影』


クトゥルー神話で
邪神クトゥルーを祀る呪われた町
インスマウス(答)
60%


次の文字列を順に選んで
メキシコ神話に登場する
冥界の悪魔の名前にしなさい
ヨナ
ルデ
パズ
トーリ
「ヨナルデパズトーリ」
Youaltepuztli


次の文字列を順に選んで
ヒッタイト神話に登場する
邪悪な竜神の名前にしなさい
イル
ルヤ
ンカ
シュ
「イルルヤンカシュ」
Illuyankas

インスマス (Innsmouth、インスマウスとも表記)は、ハワード・フィリップス・ラヴクラフトなどの作品に登場する架空の町。作品中では、アメリカ合衆国マサチューセッツ州エセックス郡に属す港町であり、アーカムからニューベリーポートに向かう街道の途中に位置する、とされている。交通手段はバスのみで鉄道は廃止されている。ラヴクラフトの複数の作品に登場するほか、他の作家によって書かれたクトゥルフ神話作品にも多く登場する。
引用元:インスマス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%B9

『インスマウスの影』(インスマウスのかげ、英: The Shadow Over Innsmouth)は、アメリカ合衆国のホラー小説家ハワード・フィリップス・ラヴクラフトが1936年に発表した小説。

>1927年7月、成人の記念にニューイングランドを旅する主人公は旅費節約のため、大人たちの忠告をよそにインスマス経由アーカム行きのバスを利用する。数十年前に疫病で没落したと噂されるインスマスは人もまばらな陰気で寂れた漁村だった。酔いどれの老人から街の荒廃に関わる恐ろしい空想話を聞かされ、主人公はインスマスから言いようのない不安を感じるようになる。
やがてバス発車の時間になるもアーカム行きの車両が故障したことで、主人公は町のホテルに一泊を余儀なくされる。部屋の電源が意図的に消されたと気づいた深夜、ついに主人公は怪異と恐怖の影が覆うインスマスからの脱出を決意する。
引用元:インスマウスの影 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%BD%B1


幻想と怪奇の作家ラヴクラフト。その文庫判全集第1巻! 彼の生みだしたクトゥルー神話が怪しく息づく傑作「インスマウスの影」そして「闇に囁くもの」、デラポーア家の血筋にまつわる恐るべき秘密を描いた「壁のなかの鼠」、彼の知られざる一面を垣間見せるブラック・ユーモアの「死体安置所にて」の4編を収録した、怪奇小説ファン必読の書。訳者あとがき=大西尹明

>H・P・ラヴクラフト
アメリカの作家。1890年生。ロバート・E・ハワードやクラーク・アシュトン・スミスとともに、怪奇小説専門誌〈ウィアード・テイルズ〉で活躍したが、生前は不遇だった。1937年歿。死後の再評価で人気が高まり、現代に至っても、なおカルト的な影響力を誇っている。旧来の怪奇小説の枠組を大きく拡げて、宇宙的恐怖にまで高めた〈クトゥルー神話大系〉を創始した。《ラヴクラフト全集》で、その全貌に触れることができる。
引用元:ラヴクラフト全集〈1〉 – H・P・ラヴクラフト/大西尹明 訳|東京創元社 http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488523015