「神奈川県の銘菓」ハーバー、鳩サブレー、きび餅


ハーバー、鳩サブレー、きび餅
といえば何県の銘菓?
神奈川県をタッチ(答)
77%

ありあけのハーバーは、横浜市中区の洋菓子会社、株式会社ありあけが製造・販売する洋菓子。マロンクリームをカステラ生地で包んだ焼菓子であり、形状は波止場(ハーバー)に到着する船の形を模したものとされている。
引用元:ありあけのハーバー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%82%E3%81%91%E3%81%AE%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC

鳩サブレー(はとサブレー)は、神奈川県鎌倉市の豊島屋(としまや)が製造・販売するサブレー。名前が示す通り鳩を模した形が特徴。主に鎌倉の鶴岡八幡宮に参詣した人の土産として有名で、現在では神奈川県を代表する銘菓となっている。
引用元:鳩サブレー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A9%E3%82%B5%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%BC

湯河原を代表する菓子で、「かながわの名産100選」にも選ばれる銘菓。キビ粉と白玉粉を練り合わせた餅に、砂糖を混ぜ合わせたきな粉をまぶしたもので、シンプルで素朴な味わいが楽しめる。湯河原の街中には、老舗をはじめとした「きびもち屋」がたくさんあり、旅館では宿泊客の出迎えのサービスで「きびもち」を出すところもあるそうだ。柔らかな餅の食感とほんのりと上品な甘さ、きな粉の香ばしさが絶妙で、お土産としても人気がある。
引用元:湯河原のきびもち│観光・旅行ガイド – ぐるたび https://gurutabi.gnavi.co.jp/i/i_418/