日本「ビーチサンダル」発明


ビーチサンダルは
アメリカで生まれた履物である
×(答)
◯日本
62%

ビーチサンダルとは、水濡れに強い素材のサンダル型の履物のこと。通常は素足に着用する。日本においては鼻緒を有する草履型のものを指すことが多い。 略して「ビーサン」、「ゴム草履」(ゴムぞうり)あるいは単に「ぞうり」と呼ばれるときもある。

>一般的にゴム製の底とゴム、ビニール、プラスチック、布などでできた鼻緒あるいはストラップなどで構成される。1930年(昭和5年)には、名古屋市が発行した『名古屋市の家庭副業』[1]にゴム草履に関する内職の記述があり、ゴム草履という名称が広く知られていたことを示す。したがって、「最初のゴムぞうりは、1952年(昭和27年)にアメリカ人工業デザイナーのレイ・パスティンと内外ゴムの技術者生田庄太郎によって開発された[2][3]」という話は、ゴムぞうりをビーチサンダルと最初に称した話であり、出典元にも、ビーチサンダルと記してある。鼻緒を指で挟んで歩くのは同じだが、日本古来の草履と異なり左右の別があるものが多い。日本で発明された履物であるが、現在では国外でも熱帯地方や夏場のファッションとして広がっている。
引用元:ビーチサンダル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%81%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%AB

Flip-flops are a type of sandal typically worn as a form of casual wear. They consist of a flat sole held loosely on the foot by a Y-shaped strap that passes between the first and second toes and around both sides of the foot.

This style of footwear has been worn by the people of many cultures throughout the world, originating as early as the ancient Egyptians in 1,500 B.C. The modern flip-flop descends from the Japanese zōri, which became popular after World War II when soldiers returning to the United States brought them back. They became popular unisex summer footwear starting in the 1960s.
引用元:Flip-flops – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Flip-flops

[ちちんぷいぷい – 毎日放送] 2015年7月22日放送で、「ビーチサンダルを作った会社」について取り上げていました。

夏に履きたくなるビーチサンダル、実は日本が発祥なのだそうです。しかも、世界初のビーチサンダルを作ったのは兵庫県明石市に本社があるゴム製品メーカーの「内外ゴム」。大正2年に人力車のゴムタイヤの製造会社として創業しました。

戦後にアメリカ人が日本にやってきた時に、日本人が履いていた雪駄や下駄を見て「ゴムでこのような履物を作って欲しい」と内外ゴムに依頼があったといいます。日本の高い技術力をアピールしたいと当時の技術者が、デザイン性があり便利な履物を求めたアメリカ人のニーズに応える形で開発し、完成したのが1952年。

当時は主にハワイなどアメリカ人向けに輸出し、好評を得て月に10万足以上売れる大ヒット商品になったのです。
引用元:マジで!?→ビーチサンダルを発明したのは日本。発祥の地は明石の工場だった(全文表示) – ニュース – Jタウンネット 兵庫県 http://j-town.net/hyogo/news/localtv/209670.html?p=all